スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サマータイムの終わり
2005/10/31(Mon)
昨日(29日)でサマータイムの終わり。
時計を1時間戻しました。
ちなみにウチの旦那様はそれを知らずに(忘れていて)今朝1時間早起きし、待ち合わせの場所に向かうも誰も来ず、しょんぼりして帰ってきました・・・

日本にはない習慣なので、ついつい忘れちゃいます。
スポンサーサイト
この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
のど自慢に行ってきました。
2005/10/30(Sun)
のど自慢に行って来ました~。そう、生のど自慢です!

日本では「のど自慢」なんて、日曜日のお昼時にかかると父が見ていてなんだか
「親父くさいなぁ」って嫌なもんでしたけど、まさかこんなに楽しめるなんて。

というのもお友達が本番に出ていたからなんです!
前日が予選だったんだけど見事通って、彼女はTVにバッチリ映りました。
TVに出た事も凄いけれど、出場する勇気があるってのも凄いと思う。

予選に出た250組の中から26組の人達が出ていたけど、そのうちの半分、
13組は日本人であとの半分はメキシコ人という構成。
メキシコ人と言っても、日本語の歌を歌った人も沢山いて面白かった~
それも皆上手い!!!
この番組通常は45分番組なんだけど、今回はスペシャルで75分に延長して
やるみたい。

ゲストの美川憲一、長山洋子の歌も(日本では全然興味なかったけど)
こうして聞いてみるとやっぱりプロ、上手いなぁーと関心。
本番の収録中は1曲ずつ歌を歌っただけだったけど、収録後に2曲ずつさらに
歌ってくれました。これって、日本での収録時もそうなのかな?

今回は会場内の撮影は著作権とかの関係で一切禁止だったので写真なしです。
残念!
メキシコでの放送は11月5日夜21:15~で、
日本での放送は11月6日午後12:15~です。
今から親に録画をお願いしておかなくっちゃ。
この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
死者の日 Día de Muertos
2005/10/30(Sun)
11月1~2日はメキシコではDía de Muertos(死者の日)と言われ、
日本のお盆に似た行事があります。

祖先の墓に行って故人の好きだった食べ物を供えたり、祈ったり、
また家ではテーブルにやっぱり故人の好きだった食べ物・ローソク、果物、花、
清水、Calavera(ドクロ)の砂糖菓子、死者の日のパン(Pan de Muerto)などを
飾ります。この色々なお供え物や飾り付けをして死者を迎える為のテーブルを
Ofrenda(オフレンダ)と言います。

20051030111239.jpg
Ofrenda(オフレンダ)


死者の日が近づいてくると、ドクロの砂糖菓子が至る所で売られています。

☆Calavera(ドクロ)のお菓子↓額に故人の名前を入れる。
またこのCalaveraの下に散りばめられているのは、マリーゴールドの花びら。
死者の日だけに使われる。
20051030111421.jpg
☆死神の絵が入った切り紙。この切り紙はPapel picadoと呼ばれている↑


この行事、日本のお盆に似ているけど、決定的に違う点がいくつかあります。
この行事がお祭りであること。だから凄く明るいし、祝うって感じがします。
またメキシコ人は死を恐れない民族らしいので死に対して否定的なイメージを
持っていないからこそ、楽しんでいるように映ります。
だから、町にはドクロのお菓子やガイコツグッズが溢れています。
とってもメキシコらしいお祭りですね。
明日にでもPan de Muerto(死者の日のパン)を買いに行こうかしら。

この記事のURL | メキシコのお祭り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イタリアンレストラン Maremma
2005/10/26(Wed)
今日は久々に家から車で20~30分の所にあるミニショッピングモール、
Parque Duraznos(Parqueは公園、Duraznosは桃の意)に行って来ました♪
このミニモール、小さいけど映画館も入っていて結構便利かも!
買物は特にしなかったけど、中にはNine Westとか、Zaraとか、MAXなどなど。
お店は沢山はないけど割とコンパクトに纏まっていて、また時間がある時に
行ってみたい感じ。

今日の目的はランチ。
ここに入っているイタリアンレストラン、「Maremma」に行って来ました。
雰囲気はなかなか素敵でした。

Maremma.jpg


ここに来て、
「メキシコシティは高地だから沸点が低いのでパスタが上手く茹でられない」
とか
「こっちの人はアルデンテじゃなく、ふにゃふにゃのパスタが好き」
とか聞いていたので、メキシコのイタリアンってどんなもんかなーと思っていたけど、
ここは美味しかった

ここは写真のように↑サラダ・アンティパストのカウンターがあって、
1皿盛りきりで好きな物を好きなだけ食べられるのがあって、
今回は前菜としてこれとカルパッチョをチョイス。
野菜好きの私にはここのアンティパスト、本当に美味しかった!
ピザもそんなに分厚くなく無難なお味。パスタの湯で加減も丁度良かったし大満足。

でも今日感じたんだけど、(というか以前から感じていた事だけど)
メキシコのレストランってお皿を片付けるのが、やたら早い。

どういう速さか、というとまだ私がフォークとナイフを持って食べている
のにも関わらず、「片付けてもいいですか?」と聞いてくる。
「ちょっと待って、まだ私食べてるじゃん!」って思って、ちょっとムッ。
それも1度や2度じゃなく、何度も何度も・・・
それはここだけでなく、昨日ランチしたレストランでも同じ事がありました。
まだ紅茶を飲んでいる私を目の前にして、(ティーカップ持って飲んでいる最中に)
カップのお皿(ソーサー)を片付けられましたから。
ちょっとこの感覚、私には信じられない。
思わず理由を考えちゃいましたよ。

①暇で片付けたくてしょうがない
②メキシコ人は綺麗好きだからテーブルが散らかっているのが許せない
③東洋人だから差別された
④皿何枚片付けたかでお給料の査定が変わる


さぁ、どれだろう。
今度家庭教師にでも聞いてみようかしら。
それにしてもそういう時にすかさず文句を言えるくらいのスペイン語が
身についていたら・・・とちょっぴり悔しかったです。

というわけで、お料理の満足度は高かったのにも関わらず、
そういう面でちょっとお店の人がかなりうざったかったので満足度は
10点満点中、7点。でも味的にはかなり好きなのでめげずにまた行くと思います。
この記事のURL | メキシコ レストラン | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ハリケーンWilma
2005/10/25(Tue)
huracan.gif

最近ハリケーンが多いです。ここメキシコに住んでいると、
親や友達が心配してくれるんだけど、幸いメキシコシティーは
ハリケーンの影響で雨が降ったりするものの、被害は受けていません。

この「ウィルマ」の勢力は20世紀最大とされ、中心気圧が
888ヘクトパスカルまで成長した1988年の超大型ハリケーン
「ギルバート」を上回る規模らしく、今季12個目のハリケーンだそうで。
19日には「カテゴリー5」(風速70メートル以上)に成長。
今年「カテゴリー5」まで勢力を強めたハリケーンは、「カトリーナ」と
「リタ」に続き3個目っ!
過去にハリケーンが最も多く発生したのは1969年の12回で、
ハリケーンの発生回数としても史上最多タイ。

メキシコのユカタン半島(カンクン)を通過した後、フロリダ半島も通過し、
24日午後に大西洋上へ抜け、25日朝までにカナダ沖に達する見込みらしい。

来月カンクンで知り合いの結婚式があるけど、キャンセルになるかも。
そのくらい、ハリケーンの被害は物凄く、多くの木がなぎ倒され、
ホテルや建物のガラスが壊れ、現状回復までにかなり時間がかかりそう。
メキシコに来てまだ日が浅い頃、ハリケーンに対して何の知識もなくカンクンに
初めて行って、どえらい目に合いました。


行く前に旅行代理店のスタッフからハリケーン「カトリーナ」がユカタン半島に
上陸しそうだと言う情報はもらっていたけど、
「まぁ台風みたいなもんでしょ?ハリケーンが来る直前に飛行機に乗れば大丈夫」
とナメてました。


でもその浅知恵が命取りとなり、帰る日になって空港に行ったらフライトが
全便キャンセルに。
(それもハリケーンが上陸するとされている時間よりも7時間前のフライト)
泣く泣く一度チェックアウトした元のホテルに戻り、入れてもらうも「避難所生活」
に突入。「部屋にいると、物が飛んできてガラスが割れたりして危ないからホテルの
中にシェルターを設けたので、そこに行ってください。」と言われ、スタッフに
「もう大丈夫」と言われるまで約24時間、そこに缶詰に。散々な目に合いました、
初カンクンで・・・


以来、この時期のカリブ海はハリケーン多発時期と言う事で、
なるべくそっちのほうへ旅行へ行かないようにしてます。


それにしてもカンクンやフロリダの人達は大丈夫なんでしょうか。
死亡者も出ているので本当に気の毒です。
自然の猛威って本当に恐ろしいです・・・

この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
オペラ夕鶴
2005/10/22(Sat)
先日オペラを見に行ったので忘れないうちに。

見に行った演目は「夕鶴」そう、日本のオペラです!
場所はベジャス・アルテス宮殿(Palacio de Bellas Artes)にて。
シティでは1日限りの上演であとグアナファトの
国際セルバンテス祭(Festival internacional Cervantino)
でも上演されました。

DSC01120.jpg
写真左:ベジャス・アルテス宮殿(Palacio de Bellas Artes)


オペラは好きだけど、生オペラを見るのは初めてだったので凄く楽しみでした。
海外の映画やドラマを見る限り、私のイメージではオペラを見に行く人の格好って
かなりドレスアップして(それもロングドレス)行く感じだったんだけど、
勿論そんなドレスも持ってないし、何を着ていけばいいんだろう?と散々悩んだあげく、
黒のスーツにしました。


行ってみて拍子抜け。
結構皆ラフな格好で来てました。中にはドレスを着ている人もいたけれど、
セミ・フォーマルくらいの格好でした。
スーツで十分かな。(結婚式に着ていくミニスカートのドレス着ようか迷ってた)


開演時間は20:00なのでちょっぴり早めに行って近くで軽めの夕飯を食べてから
ベジャス・アルテス宮殿に行きました。
そしてそれから2時間後・・・


正直な話、日本の話はオペラに向かないと思った。
「夕鶴」の内容は言ってみれば「鶴の恩返し」で、シンプルな話です。
それを2時間に引き伸ばしてやっているような気がしました。
舞台装置もかなりシンプル。派手さがない。(まぁストーリー上必要ないけど)
演じている役者は全てメキシコ人。
だから「つう」も「与ひょう」もメキシコ人。
メキシコ人が歌い演じる「鶴の恩返し」、ある意味貴重な体験かな。
メキシコ人スタッフの歌は上手かったです。
でも、日本語のはずなのに、はずなのにっ!
何を言っているか分からない所が結構あった・・・
まぁメキシコ人がしゃべる日本語だから仕方ないんだけどねー
故に舞台上に設置されている字幕(スペイン語)を見つつ、舞台を見たので首が疲れた・・・
(スペイン語得意じゃないのに)


日本人には理解できる話だけれど、果たしてメキシコ人にこの日本の「心」が分かるかどうか・・・
でもところどころで「Bravo!」の声が上がっていたので割りと好評だったのかしら???
個人的にはやっぱりオペラは「椿姫」とか、「ファウスト」が好みです。


ストーリー詳しく知りたい方はこちらをクリック↓
鮫島有美子の「夕鶴」

この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
NHKのど自慢 in Mexico City
2005/10/20(Thu)
mexico.gif

キンコンカーン♪
でお馴染みの「NHKのど自慢」が今月末メキシコシティにやってきます!

のど自慢自体、好きじゃなかったけどメキシコに来るとなったら話は別。
入場券(観覧のみ)は抽選で決めるので、ダメモトで申し込んだら
ナント当たりました。
10月29日(土)にメキシコで開催されます。
その前日28日(金)が予選会なんですが、お友達がその予選会に出るので
時間があったら応援に行きます!
予選会に出る人は250組くらいいて、その中で本番に出られるのは25組。
結構申し込んだ人も沢山いるみたいだし、予選を通過する人はかなり歌が
うまい人か、笑いを取って目立つかのどっちかだろうな。

予選に出る友達がめでたく本番に出られますように!

ゲストは美川憲一・長山洋子。

ちなみに日本での放送は11月6日(日)です。
詳細はこちら↓

名称 :  「NHKのど自慢・イン・メキシコ」
主催 :  NHK、「NHKのど自慢・イン・メキシコ」実行委員会
後援 :  在メキシコ日本国大使館、メキシコ日本商工会議所、
     日墨協会、日本メキシコ学院
期日 :  平成17年10月29日(土) [10月28日(金)予選会]
開場 :  午後2時15分
開演 : 午後3時20分
終演 : 午後5時45分(予定)(メキシコ時間)
会場 :  Centro Banamex (セントロ・バナメックス)
ゲスト : 美川 憲一、長山 洋子
司会 :   宮本隆治アナウンサー
出場者 : 前日(10月28日)の予選会で選ばれた25組程度の方々
放送予定 : NHKのど自慢・イン・メキシコ
 平成17年11月6日(日) 午後0時15分~1時30分/日本時間
 総合テレビ、デジタル総合、衛星第2テレビ、ラジオ第1放送
この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
サンファン市場
2005/10/18(Tue)
今日はサンファン市場(Mercado de San Juan)に行って来ました。
サンファン市場は同じ名前の市場だけでも4つあるらしく、
民芸品などを売る店・食料品を売る店など色々。

今日行った所は食品を売る市場で、新鮮なお魚と野菜を求めて
行って来ました。メキシコには2種類の市場があります。
1つはメルカド(Mercado)と呼ばれる市場で、これは常設の建物の中にあるもの。
もう1つはティアンギス(Tiangis)と言って、月曜日はどこそこの前、火曜日は
どこそこの前といった感じで朝10時~夕方くらいまでやっている青空市場。
青空市場は結構色んな所で見かけるけど、このメキシコ人の商いの方法は昔から
変わっていないそうです。

いつもは家の近くのティアンギスか、出掛けた帰りに近くにあったら寄って
買っていたけど、今日は美味しい魚が買いたくてちょっとだけ遠いサンファンへ。
(いつもスーパーで魚を見ているけど、どうも買う気にならないし、
ティアンギスには売ってないから)

行ってみたら結構でかい建物でした。そこには肉屋・魚屋・果物屋・八百屋など
基本的な物を売る店の他に、チーズを売る所、香辛料や油を売っている所もありました。

建物に入るなりギョッ↓(写真右下参照・赤い物体)
なんと生きているが売っているじゃないの!(彼らは精力的に動いてました)
聞いてみたら、やっぱり食用なんですって。ギョエー(私は虫が大嫌い)

DSC01114.jpg    


さらに歩を進めていくと、入り口で見た「虫」以上に驚く光景が。
シカ・ウサギ・ハト・ブタ・七面鳥(かなりでかい)が皮を剥がれて、
そのままの姿(原型を留めている)で売られていたり、カタツムリや中には、
なんだか正体不明の物体アリ。(怖くて写真を取る勇気がなかった)
その場にずっといると獣系と魚系の生ぐさい臭いが立ち込めてきて
オエッ。

あとビックリしたのは、魚屋を通ると「タイ・サワラ・ブリ~」とか、
「刺身~寿司~」とかカタコトの日本語で話しかけてくること。
日本人が沢山買いに来るのかな?
魚のスペイン語名をあまり知らない私にとってはとっても買いやすかった♪
お魚を買い、その後は果物と野菜を見たけど、そこでもまた発見。
中国野菜の青梗菜とか、白菜・大根などオリエンタルな野菜が売ってた!
今まで日本食材店でしか手に入らない物がここで売っているなんて。
しかも日本食材店より安い。豆腐も売ってたし。
かなり私的にはお買物するにはいい所だと思いました。

でもこれから行く皆さん、あんまりいい格好していかない方がいいですよ。
魚屋の周りは水浸しだから靴が汚れるかもしれないし、そこら中が生臭いので
服に臭いがつくので。

やっぱり市場の方がスーパーよりも新鮮で安い、と言う事を実感。
時間が許せば毎週通いたいなぁー
この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
グアナファトの魅力③(最終章)
2005/10/17(Mon)
前回に引き続き、またまたグアナファトについて。

「口づけの小道」を見た後、イダルゴ市場(Mercado Hidalgo)に行きました。
ここのメルカド(市場)はちゃんとした建物の中にあって、
この建物は以前駅舎だったとか。

1階が生鮮食品や雑貨、コピーCD・DVD(メキシコは違法コピー商品の無法地帯)
などが売られ、2階は主に民芸品が売られていました。

シティにも沢山メルカドはあるけど、ここのメルカドも色々な物が売られていて、
活気があって見ているだけでも楽しかったです。

コピーCDを買おうと思っていたんだけど、お目当てのアーティストの物がなく、
断念。1度くらい買って見たかったんだけどね・・・

↓イダルゴ市場
DSC01094.jpg
↑ミイラ

その後、「ミイラ博物館」(Museo de las Momias)へ。
最初ここへは私達がいる場所から、ちょっと離れていそうなのでタクシーか、
バスで行こうと思ったんだけど、何を血迷ったか歩く事に。
後に散々後悔する羽目になるんですけどね・・・

そう、やっぱり歩くには遠かった!
そりゃ歩くのが好きな人にとっては、そんなに苦痛な距離でもないだろうけれど、
この日は物凄く天気が良く、とても暑かった&主人は歩くのが大嫌いということで、
「まーだー?いつになったら着くのーー?」
ってな感じで辿り着くのに結構時間かかりました・・・


そして辿り着いたは「ミイラ博物館」。
なんでこんなに可愛らしい街にこんなものが?
このミイラ博物館、公共墓地だった所の一部を公園にしようと掘ったら、
ミイラが出てきたのでそれを博物館にしちゃったらしい。
メキシコの気候と土壌が乾燥している為、エジプトのミイラのように死後措置を
取っていなくても自然にミイラが出来ちゃうそうな・・・
ってアナタ、勝手に墓掘り返して「死体」を展示しちゃっていーんですかね???
ちゃんと親族には許可を取ってやっているのか、不明です。


最初は興味津々で見ていたものの、なにしろ160体(?だったよーな)
もあれば段々飽きてきます。
面白いのは、比較的新しいミイラなのか、服を着たままで、しかも皆
現代的な服装だった事。中には赤ちゃんのミイラもありました。


でもここ、結構観光客に人気なのか人が沢山いました。
イダルゴ市場にも名物なのか、ミイラの形をした飴が沢山売られていたし。
まぁ、見て損はないけど、気持ちのいいもんじゃないなー


その後、また中心街に戻って歩き、お腹が空いたのでサンディエゴ教会裏の丘に
あるイタリアン・レストラン「エルガジョ・ピタゴリコ」(El Gallo Pitagorico)
でディナーを取り、最後にピピラ記念像の丘にもう一度行き、夜景を見てから帰りました。
帰ったのは夜中の1時を過ぎてました・・・


まだまだ沢山書きたい事はありますが、長くなるので今回はここまで。
グアナファトに行く機会があったらまた書きたいと思います。


この記事のURL | メキシコ 旅行(メキシコ国内) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
グアナファトの魅力②
2005/10/16(Sun)
前回に引き続き、グアナファトについて。

中心街にある観光名所を巡りました。
フアレス劇場・サンディエゴ教会・ラパス広場・バシリカ等。
教会に至っては沢山ありすぎて名前を挙げきれません。

DSC00095.jpg
写真左及び中央→街中の風景。右→ラパス広場(Plaza de la Paz)


一応中心街は見たなーと思ったので、その後有名な「口づけの小道」
(Callejon del Beso)へ。
グアナファトの町は山の斜面に建てられているので、家々が小ぢんまりとしているし、
家と家の間が狭い事が多い。
その為、↓の写真のように間道を挟んで向かい同士の家の恋人がバルコニー越しに
キスを交わしたというお話があります。
DSC01089.jpg
右の写真は「口づけの小道」(Callejon del Beso)の表示。


そこでキスをした恋人はずっとうまく行って、キスをしなかった恋人達は別れる、
というハタ迷惑な伝説もあるようです。
一緒に行った友達には「キスしなよー」と言われたけど、無理ですっ!
やっぱり日本人だからねぇー
恥じらいのほうが先に来ちゃって無理っすよ。汗

でもまぁ、新婚さんとか・ラブラブの恋人同士達にとっては盛上がっていいのかもしれません。

<つづく>
この記事のURL | メキシコ 旅行(メキシコ国内) | CM(2) | TB(1) | ▲ top
グアナファトの魅力①
2005/10/16(Sun)
グアナファト(Guanajuato)に行ってきたので、
忘れないうちに感じた事を書いておきたいと思います。

グアナファトはメキシコシティから車で約5時間の所。
以前から周囲の友達から「グアナファトは凄くいい」と聞いていたので、
とても興味がありました。

ただ週末の短い期間を利用するにしては、ちと遠い。
飛行機を使ってもいいけどお金がかかるので渋っていた所、
丁度日本から友達が遊びに来たので、それがいいキッカケになりました。

DSC01090.jpg


車でかなり飛ばして(時速160Kmキープ)約3時間30分程で到着。
朝7時に朝ご飯もそこそこに出発したので皆お腹ペコペコ。
でも町の中心街に出る前に、有名なピピラ記念像のある丘から町を一望
しておこうと言う事になり行ってきました。

そこから見た景色は・・・本当に素敵でした。
午前中に見たグアナファト・夕方・夜と全て撮って見ました。
どれも美しい!!

その後町の中心街に入って早速カフェを探し、朝食というかブランチ。
そこで食事をしていると、たちまち地元の貧しい子供達数人に囲まれて
しまいました。

その子達は小さなクロレッツのガムを、1つ1ペソ
(くらいだったかな 1ペソ=約10円)で売っている子達だったんだけど、
鼻垂らしての「買って!買って!」攻撃に負け、買ってしまいました。
しかも細かいお金がなかったので20ペソ紙幣をあげたら、子供同士で取り合いに。
その後も同じような子供達が次から次へと来てきりがありません。
シティに暮らしていても物乞いや貧しい格好をした物売りを沢山見るけれど、
田舎にも沢山いて、こうして身近に接するとメキシコの貧富の差の激しさを実感します。

ブランチの後は、町を探索。
グアナファトの最大の見所はやっぱり町並でしょう。
この町は18世紀に世界の銀の約3分の1を産出していたらしく、
その収益でもたらされた富がこの町をメキシコで一番美しい町にしたと言われています。
確かに町を歩くと、シティとは全然雰囲気が違い、コロニアル調の建物が多く、
「ここはメキシコ?」って思ってしまうくらいヨーロッパのようです。

<明日へつづく>
この記事のURL | メキシコ 旅行(メキシコ国内) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本日のランチ
2005/10/15(Sat)
今日はお友達とポランコ地区(Polanco)にあるタイ料理レストラン、
Thai Gardens に行きました♪
正直こっちに来る前は、メキシコにタイ料理の美味しいお店があるとは思いもしませんでした。

でも今日行ったレストランはまず内装がとっても素敵!
テーブルや椅子は勿論アジアンテイストだし、グリーンが沢山飾られていてお食事をしていて、
とても気持ちのいい雰囲気でした。

DSC01092.jpg


そしてお料理。物凄く美味しかったーー!!
全て美味しかったけれど、特に私が好きなのはカレー。
やっぱりタイカレーは美味しい。あとパッタイも美味しかった。
主人がタイ料理好きでないので、なかなか行けないだけに格別の味がしました。

またちょくちょく行きたいお店です。
ちょっぴりお値段が高いので、今度はランチビュッフェ(月・火のみ)
に行ってみようかしら。

Domicilio: Cald´eron de la Barca.72-Colonia Polanco Mexico D.F.
Tel: (52)55-5281-3850



この記事のURL | メキシコ レストラン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ルイス・ミゲルにハマる
2005/10/12(Wed)
最近Luis Miguel(ルイス・ミゲル) にハマってます。
日本ではメキシコ音楽について全然興味もなかったし、
殆ど知らなかったのに、ここに来てから好きになりました。

amarte5.jpg


きっかけはスペイン語の先生が貸してくれたCD。
聞いてみて彼の歌唱力の素晴らしさに惚れ込みました。
てっきり50くらいのオヤジかと思いきや、まだまだ35歳。若っ!

どんな顔をしているのか見たいなーと思っていたら
丁度知り合いがDVDを貸してくれたので見てみたら。。。
物凄いイイ男でしたっっ

今まで知らなかっただけなんだけど、ルイスはラテン音楽界の
スーパースターらしい。アメリカでも人気があるらしく
(ヒスパニック多いもんね)只今全米ツアー中。
メキシコでもやってくれー
驚いた事に以前マライア・キャリーと付き合っていた!

メキシコの音楽について殆ど知識がなかったんですが、
ルイス以外にも沢山いい音楽がありそう。
せっかくメキシコにいるんだからラテン音楽をもっと聞いて
音楽の幅を増やしたいもんです。
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スペイン語学校
2005/10/07(Fri)
メキシコに来てから周りの人に色々と聞いて、スペイン語をマスターするには
やっぱり学校が良さそうだったので、最近通い始めました。

クラスは少人数制。今回は日本人が多くて、外国人の割合の方が少ないので、
気がつくと日本語が飛び交ってます。
(ウーン、それでいいのだろうか・・・)

授業に出てみてやっぱり思ったのは、欧米などローマ字の言語を話す国の人は
話せるようになるのも早い。取り合えず文法など気にせずポンポンしゃべる。
本人達も英語が出来るので「スペイン語は簡単だ」なんて言っておりました。

やばい、早くも落ちこぼれてしまいそうだ・・・
あせっている私を置いていくかのように来週中間テストです。うっうっうっ・・・

この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
レストラン Aguila y Sol
2005/10/06(Thu)
私の好きなメキシカン・レストランの中にAguila y Solがあります♪
(アギラ・イ・ソル→スペイン語で “鷲と太陽” と言う意味)
最初こっちに来た時、メキシコ→タコスのイメージしかなかったので、
実際このレストランに行くまでこんなにメキシコ料理がバリエーション
豊かなものだとは知りませんでした

お店の中はこんな感じ↓
DSC010091.jpg

20051107205241.jpg
↑お料理の盛付けがまるでフレンチ!
見た目もさることながら、お味も素晴らしい!
初めてこのレストランに足を運んだときは「フレンチでしょ?」と思ったくらい。
後でメキシコ人に聞いたら「あれこそリアルメキシカンだ!」って言ってました。(ホント?)
私のメキシコ料理のイメージを見事に覆してくれた素敵なレストランです。
でもね、ここ人気がありすぎていつも予約を入れてから行かないと入れないんです



Aguila y Sol
Moliére 42, Polanco.
TEL 5281 8354
Abierto Lun. a Sáb., 13:30 a 23:00



この記事のURL | メキシコ レストラン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
犬が飼いたい
2005/10/03(Mon)
こっちに来て思ったんだけど、道端で犬を売っている光景が多いこと!
日本ではありえない光景なんだけど、当たり前のように売られてる。
値段は聞いた事ないけど、たぶん日本で買う値段の何分の一って感じだと思う。

あと多いのが、ノラ犬。そこいら中でノラ犬を見かけます。
リードしてないし、大抵やせ細った犬が多いので、間違いなくノラ犬でしょう。
不思議な事にノラ猫は見かけた事がない。日本ではノラ猫が多いのに。

道で犬を見るたびに「犬飼いたいなぁー」って思います。
81079434103_0_ALB.jpg

私が好きなのは断然パグ。

この「ぶさ可愛い」所がなんとも言えないかな。
あまり吠えないし、人懐っこいし顔がつぶれている所が憎めなくてラブリー。
でもね、こっちであんまりパグを見かけないんだよね。
ペットショップにもいなかったし。なんでだろ?


そう言えばチワワってメキシコ産の犬だったのね。
確かにチワワっていう場所もあるしね。
でもチワワはこちらではそんなに人気がないのか全然みかけません。
この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。