スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
フリーダ・カーロ
2006/02/28(Tue)
週末、花粉症が酷くて出掛けられなかったので久々に映画 フリーダ(Frida)を見直してみました。
フリーダ(Frida Kahro)の絵は正直言ってドロドロしているし難解な部分もあって好きではなかったんだけど、映画を見る事によって少し見方が変わりました。彼女がどんなに波乱万丈で困難な人生を送ったか描かれています。少女時代バスに乗っていて事故に合い、鉄の棒がお腹から膣を貫通して子供の産めない体と言われた事や、その後妊娠するも流産した事、事故の後遺症や30回以上も行われた手術、小児麻痺、夫ディエゴの度重なる浮気・・・それ故に自分の身の回りに起こった事を沢山描いたんですね。

満足度:★★★☆☆


さて、メキシコに来てまだ日が浅い頃、Coyoacán(コヨアカン)にあるフリーダの生家で博物館でもある青い家を見に行きました。その頃はフリーダが画家だった事くらいしか知らなかったので、漠然と見て帰ってきてしまいましたが、今思うともったいない事をしました。
家の中は撮影禁止だったのですが、フリーダの作品やディエゴの作品が飾られていて、数々の遺品もそのまま展示されていました。家の敷地内に素敵な中庭があり、映画で見た青の壁とハリコ?が印象的な光景がありました。中庭は聞いてみたら撮影可でした。
Frida.jpg

フリーダの家から出てくると中庭が。↓なんだかブキ可愛いガイコツのハリコ↓
Frida2.jpg


その後、San Ángel(サンアンヘル)にあるフリーダとディエゴが暮らしたMuseo Casa Estudio Diego Rivera y Frida Kahloも見ました。ここにはディエゴとフリーダそれぞれに棟があり、2つの棟は橋でつながってます。

後でガイドブック見て知ったんですが、フリーダの作品が最も充実していると言われているのは、Museo Dolores Olmedo Patiñoだそうです。以前行った時はそんな知識もなく、なんとな~く見て帰ってきてしまいました。ドローレス夫人はフリーダやディエゴと仲が良かったようです。

他にもディエゴ・リベラのコレクションが置いてある Museo Anahuacaliとかもあるようですが、これはまだ見ていないので機会があったら是非見てみたいです。

映画を見たことで、前よりフリーダに興味が沸いてきました。
今度また行くチャンスがあれば、きっともっと新鮮な目で見ることができるでしょうね。
スポンサーサイト
この記事のURL | メキシコ 旅行(メキシコ国内) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
医者に行ってきました。
2006/02/27(Mon)
先週はとっても辛かった(*´Д`)=3ハァ・・・
市販の薬を買って飲んでみたものの、花粉症?が悪化しちゃって、私の鼻は完全にシャットアウト。
やっとの思いで学校に行くも鼻呼吸が出来ないので口呼吸で会話。
ボーっと(思考能力低下)しながら授業を受けました。

どんな顔していたのか分からないけど、よほど凄い顔してたのかクラスメートが「大丈夫?」って聞いてきたので、花粉症について説明したけど、外国人(日本人以外)ってあんまり花粉症持ちの人いないのかしら?「ふーん、大変ねぇ!」って心配してくれるけど、分かってくれたかしらん。
(というか私のスペイン語の問題?ブフォッ)

そんな訳で授業後は意を決し病院に行ってきました。
ちょっと説明できるか心配だったので日本人医師に見てもらい、注射を打ってもらいました。
私が買った薬を先生に見せたら、その薬自体は悪い選択でなかったようで、先生が処方した薬の他に、これも飲んでよし、と言われました。

帰ってすぐはまだ変化がなかったけど、今は少し楽になりました。
これで鼻の粘膜の腫れも引くと良いんだけど。
あぁ、もっと早く行けば良かったわ。。。
やっぱり医者は行かなくちゃだめですね。

☆ちなみに今日、花粉症の原因であろう「ハカランダの木」を見つけました!確かに綺麗なんだけど今はちょっと「憎たらしい」です。☆
この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
パストール♪
2006/02/26(Sun)
今日はパストールのタコスを食べました♪

Pastor(パストール)はachiote(アチョーテ)と言う木の実から出来た粉と色々な香辛料などをミックスした物を豚肉に付けて味付けしているようです。まるでトルコのケバブかブラジルのシュラスコの様に棒に肉を重ねて刺し火で炙っています。アチョーテは赤い粉なので、パストールも赤い。最初この赤さと香りに抵抗があったけど、段々好きになってきました。
Pastor.jpgパストールを頼むとおじさんが長いナイフで肉をそぎ落します。↑

パストールの上にはスライスしたPiña(パイナップル)、玉ねぎのみじん切り、Cilantoro(コリアンダー)などがのっています。
サラダやスープなどを頼んだら、それでもうお腹いっぱい。
タコスは3つ食べるとお腹が膨れます。とっても美味しかった(≧∇≦)
この記事のURL | メキシコ 食べもの | CM(6) | TB(0) | ▲ top
オレンジが安い
2006/02/24(Fri)
メキシコは一般的に食べ物が安いです。
こっちに来て「安いなぁ~」と感じたものは沢山あるけど、野菜・果物・肉が特にそう。昨日記事に書いたお花もそうだし。

Naranja1.jpgこっちに来てからお友達に教えてもらって習慣になっているのが「毎日オレンジを絞って飲む事」です。健康の為に飲んでます。こっちのオレンジは安いです。←写真はCostoco(会員制のスーパー。安い)で買ったオレンジ8kg500円くらい。中には腐ってる物やカスカスの物もたまにあったりするけど安いから許せます。

果物、しょっちゅう食べる方ではなかったんですが、ジュースには1人分あたりオレンジ2個は使うので、それを1回で食べようとすると難しいけどジュースにすると果物も取りやすいです。
この記事のURL | メキシコの魅力 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
花を買ってみました
2006/02/24(Fri)
メキシコへ来たばかりの時は全くスペイン語を喋れなかったので、毎日の生活にも困って心のゆとりがなかったけど、最近ようやくこちらの生活にも慣れてきてました。

毎日を忙しくしていると花を飾る余裕もないけど、先日久々に花を買って飾ってみたら、やっぱり素敵!
花を飾るとお部屋の雰囲気が明るくなるんですね♪

昨日お友達とランチして買物した帰りがけ、目に入ったお花屋さんに立ち寄ってみました。お墓に飾る花専門でやっている花屋のようだったので、種類はちょっと少なかったけど、バラだけは沢山あったので、バラを購入。12本で70ペソ!(700円くらいかな)安いです。
Rosa.jpg

1000円以内で収まるなら毎週お花を飾っても負担にならないので、お花を飾るのが私のマイブームになりそうです♪

それにしても日本で同じくらい買うと幾らするんだろう。。。
この記事のURL | メキシコの魅力 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
花粉症??
2006/02/23(Thu)
日本では花粉症で相当苦しんだ私だったけど、メキシコに来れば
「花粉症ともオサラバ♪」な~んてルンルンしてたのに。。。

今年に入って突然、花粉症に似た症状が出始めました。
つまり、クシャミ・鼻水・鼻づまり・喉の痛みです。
今回は目の痒みだけはなくてまだましな方かしら。

周囲のお友達に聞いてみると、ここでこの時期くらいから咲くと言われている
「ハカランダの木」が原因じゃないかと言われました。
ハカランダは紫のお花が咲くらしく、もう少しすると嫌でも目に入るくらいそこかしこで沢山咲いているのを見られるそうです。

去年、メキシコに来る前に日本にいた頃の花粉症は物凄かった。
なにしろ例年の30倍だったから鼻の粘膜は腫れあがり鼻呼吸が出来なくなっちゃって「いっそのこと殺して」って感じでした。ヽ(≧Д≦)ノ
今回の症状はそれに比べたらまだいい方だけど、少しでも楽になりたい!と言う事で市販の薬を買ってきました。アレルギーの薬らしく、polvo(埃とか花粉)や動物アレルギーに効くらしい。

Reactine.jpg

一般的にメキシコの薬は日本人には強すぎる、と言われますが私にはあんまり効かなかったみたい。。。少し楽になったような気がしないでもないけど。やっぱり医者に行ったほうがいいのかしら。



この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
運動しなくちゃ
2006/02/22(Wed)
メキシコに来て数ヶ月。とうとう目に見えて太ってきてしまいました。(゚ロ゚;)

太った理由は、美味しいけれど・脂っこいメキシコ料理の食べ過ぎと今の環境。
日本にいる時はよく歩いたのに比べ、歩く機会が殆どと言っていいくらい、ない。
完全に車生活です。そんな状況だと、食べる量は以前と変わってない訳だから、自分から意識的に運動をしないかぎり太るばかり。

また、日本人が総じて痩せているのに対し、メキシコ人は太っていると言うか、女性でも男性でも体格のいい人が多いので、妙に安心しちゃうんです。

大体メキシコ人は皆顔がホッソリしているというか、顔が小さい人が多いので、顔を見ただけでは最初は太っているとは思わないんだけど、お腹に目をやるとポッコリ出ていて驚かされたりします。そしてそのポッコリと出たお腹でも平気でヘソ出しファッションをしてます。(私も今までそのポッコリお腹にどれだけ励まされた事か!)

そんな訳で、感覚が麻痺しちゃってるってのもあります。

でも周囲のお友達がジムに通っているのに触発され、「これじゃあいかん!」という危機感がジワジワと押し寄せてきて、今日初めて自分の住んでいるアパートのジムに行ってきました。

「ジム」と言っても、そんな立派な物ではなく、トレーニング・マシーンが何台かある程度だったけど、なにしろ「タダ」なので贅沢は言っていられません。
音楽をかけ早速40分程、エアロバイクを漕ぎ、ダンベル体操をしてきました。
1時間くらいで終わらせたけど、程よく汗もかいて気持ちよかったです。
今まで身近な所にあったのにホントもったいない事していたような気がします。反省。これからは頑張ります。
まずはいつも三日坊主の私なので、明日もやると言う事が目標かな。
(なんて低い目標なんでしょ。汗)

Gimnasio.jpg ☆ジムの下の階には室内プールがあります。↑
たまにここでお金持ちのメキシコ人ファミリーが水泳の先生を呼んで子供にレッスンを受けさせています。

この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
クエルナバカ Cuernavaca
2006/02/20(Mon)
週末はクエルナバカから近い、OaxtepecにあるCLUB CAMPESTRE LOMAS DE COCOYOCというゴルフ場へ行って来ました。シティから車で1時間30分と近く、週末気軽に遊びに行ける場所です。

Cuernavaca5.jpg
☆クエルナバカの街角。カラフルな建物と車のビートルがメキシコらしい。↑

クエルナバカ(Cuernavaca)はシティから75Km南にあり一年を通して暖かいらしく、お金持ちのメキシコ人が週末に過ごす別荘地としても知られています。

ここ、LOMAS DE COCOYOCはなかなか素敵なゴルフ・コースでシティと違って、暖かい(暑いかも?)気候のせいか、汗はかいたけど気持ちよく出来たし、また付いてくれたキャディーさんが親切にとってもよく教えてくれたので、ゴルフ初心者の私でも楽しかったです。
そうそう、アメリカでゴルフをするとキャディーなしでカート移動するけど、メキシコは日本のようにキャディーが付きます。

CLUB CAMPESTRE LOMAS DE COCOYOC
Autopista La Pera-Cuautla, entronque Cocoyoc
Oaxtepec, Morelos
TEL (735)356 1131

☆またここから近い Hotel Hacienda Cocoyocも素敵なのでオススメ!

夕飯はクエルナバカのソカロ近辺にある「El Barco」と言うポソレ専門のレストランで食事をしました。店自体は庶民的な感じだったけど、凄く安いし、味もなかなか美味しかったです。ポソレ(Pozole)は豚の頭でスープを取ったものに、そこから取れた肉、ジャイアント・コーンなどを一緒に煮込んだ具沢山のスープのようなもので、とっても美味しいです。それと、エビのセビーチェ、トスターダなどを頼んだらもうお腹一杯!
20060221162128.jpg              ☆ポソレ↑            エビのセビーチェ(マリネ)↑
El Barco
Rayón No.5
TEL 314 1020
Horario 10:00-23:00

さて今回は特に観光はしなかったんですが、メキシコに来たばかりの頃、初めて観光と言える場所に行ったのがクエルナバカです。
クエルナバカ自体は小さな町です。前回行った時は、アステカを征服したスペインのエルナン・コルテスがアステカの神殿を壊して建てたというコルテス宮殿(Palacio de Cortés)や美しいボルダ庭園(Jardín Borda)、カテドラル(Caterdral)などを見ました。

Cuernavaca2.jpg☆クエルナバカの風景 ↑        エルナン・コルテス宮殿 ↑

前回ランチしたレストラン「La India Bonita」が素敵だったのでこれも掲載します。
20060221163754.jpg☆お料理はメキシカン。店内はグリーンが多く気持ちが良い。↑

La India Bonita
Morrow No.15
TEL 312 5012
Horario 8:00-22:00

帰り道は、日曜の夜なので「週末を過ごしたメキシコ人がシティに戻る」と言う事もあって結構混みました。
でも本当に気軽に行ける所なので、また行ってみたいです♪
この記事のURL | メキシコ 旅行(メキシコ国内) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
海賊商品天国
2006/02/17(Fri)
メキシコ・シティにはあちこちで沢山露店が出ています。
写真はソカロ近辺の露店です。

本日のお目当てはPirata(海賊商品)。
メキシコは海賊商品の天国。音楽CDや映画などのDVD、Playstationなどのゲームソフト、その外にもルイ・ヴィトンなどのブランド物の海賊商品など様々な物が堂々と売られてます。著作権や版権なんて完全無視。恐るべしメキシコ!

20060217212509.jpg←露店の様子。プレステのゲームソフトから日用品のパンツや靴下、化粧品までなんでも売られている。沢山人が通るのでスリに注意。






←海賊DVDの数々!現在上映しているものまであります。でも最新版(現在映画館で上映してる映画)はオススメできないかも。。。(恐らく映画館に行ってカメラでスクリーンを撮影してるものだから、観客の声とか入っています)それ以外のものは結構まともで、本物をそのまんまコピーしているようです。


今回はCD何枚かと、映画DVDを購入。お値段はCDが一枚20ペソ(200円ちょっと)で、DVDが一枚25ペソで安い!
家に帰って見てみたら、ちゃんと見れて画像もそんなに悪くなかったです。
そう言えば。。。DVDは国によってリージョンが違いますよね。
でもこちらで売られているDVDプレイヤーはリージョンフリー・プレーヤーなので、どの国のDVDでも基本的に再生できちゃいます。
そんな訳で、リージョン違うけど海賊商品は値段も安いのでこっちにいる間にちょっとしたコレクションが出来そうです。
この記事のURL | メキシコの魅力 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スペイン語の勉強
2006/02/17(Fri)
最近死んでます。。゜゜(´O`)°゜
なぜかって言うと、スペイン語学校の勉強が大変なんです・・・

安易に「学校に通えばすぐにスラスラと喋れるようになる」
と考えていたけど甘かった。

今のクラスメートは前回アジア人が多かったのに比べヨーロッパ人・アメリカ人・ブラジル人で構成されてるんですが、やっぱり彼らは母国語に似た言葉があるし、文法も似ているから理解が早いんです。それに比べ日本人は似ているどころか、言語があまりに違いすぎるので毎回出てくる言葉が「未知の言葉」です。

英語に似た言葉が出てくると想像が付く事もあるけど、やっぱりいちいち辞書を引かないと深く理解できない。そんな事もあって、毎回の授業の予習・復習、それに加えて宿題をこなすのが本当に大変です。

以前取っていたクラスから1つレベルアップしたものの、その分教科書中に長文が増えて、単語を調べるだけで何時間もかかる事もあります。

故に最近寝不足。。。うっうっうっ

こっちに来て頭が完全にスペイン語に毒されてきたのか、困った事に最近アメリカへ旅行すると英語が出てこない、という現象が起きてます。

それも複雑な文章でなく、簡単な言葉も出てこない時にはかなりショックを受けました。(; ̄Д ̄)
どういうことかと言うと、「Thank you」のかわりにスペ語の「Gracias」が出てきちゃうんです。(でも時々 「De nada どういたしまして」とアメリカ人から逆に返されちゃったりしますけど 笑)

なんだか1つスペイン語を覚えると英語を忘れていっているような・・・
そんな気がします。
このままだと英語もスペイン語も中途半端な状態に終わりそう。

メキシコを去る時には不自由なく喋れるようになっているといいのだけど。それにはやっぱり勉強あるのみ!なんでしょうね。
この記事のURL | スペイン語 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
バレンタイン・デー
2006/02/16(Thu)
昨日はバレンタインの日でした。こちらでは「Día de Amor y Amistad 愛と友情の日」だそうで、恋人同士だけでなく、友達同士でもプレゼントなどを交換し愛や友情を分かち合うみたいです。

お友達曰く、だから昨日は道が混んでいたとか・・・
皆プレゼントを買いに走ったり、食事に行ったりしたんでしょうね。

私たちは昨日何をしたかと言えば。。。
結婚して何年か経つけど、私達にとってはバレンタインより結婚記念日のほうが重要かな。でもせっかくのバレンタインなんだから、と言う事でサンフランシスコで買ったワインとチーズをいただきました。
2人で1本飲むとほろ酔いになり、いい気持ちで眠りに付く事が出来ました♪

今日は学校に行ったら先生がハート型の色とりどりのチョコレートを配ってくれました。帰り道、もうバレンタインは終わったのになんだか道が混んでいる・・・と思ったらなんかド派手な飾り付けをした車や自転車に乗った若者を沢山目撃。このせいで混んでいたようです。

なんでもグアダルーペのマリア様に会いに行くのだとか。
「え?もうグアダルーペの日は終わったよ?」と思ったけど、その人達はトルーカのほうから自転車や車で来たんだそうです。
カトリック色が強いメキシコです。後でよくよく聞いたらこの日が特別だったわけではなく、マリア様にお願いをする為に、遠くからこうやってやってくるのはよくある事で、特別な事ではないそうです。1年中、見かける光景だそうです。(でもグアダルーペの日だけは特別)

メキシコってフィエスタ多いし、いつも何かイベントをやってるような気がします。

今日、ひさびさにKrispy Kremeのドーナツを買いました。
メキシコに来たばかりの頃、スペイン語が全く話せず、でもパンが食べたくて、ひたすら「パン・パン」(スペイン語でもパンで通じるらしい)と言っていたら何故かメキシコ人にドーナツ屋に連れて行かれました。ご丁寧に「メキシコではドーナツの事をドナスと言うんだよ」と説明してくれたのはいいんだけど、「ここパン屋じゃなくてドーナツ屋じゃん!」で初めてこのドーナツを買ったんだけど、その時に買った種類がまずかったのか、全然美味しくなかった。しばらくして友達のMちゃんがメキシコに遊びに来てくれた時に彼女がここのドーナツで一番美味しいのは「オリジナル味」だよって教えてくれました。確かに他のドーナツはともかくとして、ここの「オリジナル」はとっても美味しい!今までメキシコのお菓子を食べて、どれもメチャ甘だと思ってきたけど、この「オリジナル」だけは違います。でもたぶん日本にはまだ上陸していないんだろうな、残念。Mちゃん曰く、オーストラリアにはあったみたい。
Dougnuts.jpg
箱はバレンタインにちなんでハートのメッセージ欄付き。↑
この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
映画 SAYURI
2006/02/13(Mon)
SAYURI.jpg

映画 Memorias De Una Geisha(邦題:SAYURI)を見てきました。
見る前は「ハリウッドが描いた日本ってどうなのかな」って思っていたけど、なかなか良かったです!

なんと言っても日本の風景が本当に美しく描写されていて、それはそれは素敵でした。チャン・ツィイーも可憐で本当に綺麗だったし。
でもSAYURI役が日本人じゃないのがちょっと残念。
あれだけの美しさ・英語力・演技力全てを兼ね備えた女優は日本にいないのかなぁ。まぁチャン・ツィイーは知名度もあるしね。

ハリウッド映画なだけに台詞は全て英語。
日本を描いているのになんだか奇妙でした。

それにしても今回はコメディーじゃないからストーリー追うのに必死でした。
英語を「耳をダンボに」して聞きつつ、下のスペイン語の字幕で分かる単語を拾う・・・という大変な作業。

映画を見ている途中、いきなり画面が真っ暗になって音声も出なくなるというハプニングがありました。その後スクリーンのカーテンが閉まっちゃって「???」。
すぐに映像がつくも、音声が小さくなっててブチブチ音が切れるし。
こんな事、今まで映画見てきて初めて!さすがメキシコです。恐れ入りました。(笑)

満足度:★★★☆☆
この記事のURL | 映画 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
San Francisco③
2006/02/11(Sat)
最終日はアウトレットに行ってきました。
ちょっと離れた所にあるので車がないと行くのに不便かもしれません。
メキシコは思ったより服が安くないのでアメリカに来ると必ずアウトレットに行っちゃいます。沢山のショップが入っていてしかも安い!まさに買物天国です。

ダウンタウンから車で約1時間30分でGilroy Premium Outletsにたどり着きました。(お店の詳細情報は赤字の所をクリック)
感想。とにかく広い!デカイ!

行く前に下調べして見るお店を決めて行かずに、ただ漠然と見ると疲れます。とにかく沢山お店があるので全部見ようとすると1日かかるんです。私たちは結局2~3時間見て、お目当ての物だけサッサと買って帰りました。

この日は夜にTwin Peaksに行って夜景を見ました。
このTwin Peaksは米ドラマ、「ツイン・ピークス」とは何の関係もありません。
名前のとおり小高い丘が2つあるんですが、ここからの夜景はサンフランシスコの街並みやサンフランシスコ湾が一望できて、とても綺麗。
ただ夜景を撮るのって難しいですね。。。ここでうまく伝えられないのが残念です。

20060217214718.jpg☆行く前に通った美しいシティ・ホール。↑ そしてTwin Peaksからの夜景。

ただ、暖かくしていかないとかなり寒いです。
夏でも冷たい風が吹くと言うから、冬はなおさらです。私も寒くて長くは外に出ていられず、停車した車の中から眺めました。

書くの忘れてたけど、San Franciscoといえばゲイ人口が多い街。
Castro Streetを通った際、レインボー・フラッグがかかったお店を沢山見ました。

20060211120525.jpg←虹色の旗(ゲイの象徴)が目に付く。そう、このエリアはゲイコミュニティがあるんですね。以前行った時、何度かCafeで男性同士のカップルが仲良くお茶してるのを目撃しました。あと綺麗に女装をした男性も・・・

今回のサンフランシスコは美味しい旅でした。
ワインも満喫できたし、フィッシャーマンズ・ワーフのシーフードに、中華街の飲茶に、ジャパン・タウンの日本食に・・・と食には不自由しませんでした。
特に食べ物に感動していたのは主人の方で彼はもう3回行ってるのに
「また行きたい」を連発してました。

20060211122346.jpg ↑ケーブルカーに乗れなかったのがちょっと残念。

サンフランシスコの魅力は食だけでなく、ショッピングも充実してます。アウトレットも上記以外に幾つかあるし、また遠出をしなくてもダウンタウンのユニオン・スクエアの周りに沢山お店があるので(ブランド店多し)そこでも十分お買物が楽しめます。
そして街。坂が多いこの街は全部歩こうとするとかなり疲れるけど、坂の上から見下ろすビクトリア調の家が並ぶ街並みは本当に綺麗です。

☆ホテル選びのポイントは何を見るのかにもよるけど、歩きメインで回るのならダウンタウンに近いことだと思います。

とにかく魅力的な街で見るべき所は他にも沢山あり、時間が足りませんでした。
一度ここに住んで見たいなぁ。。。そんな風に感じた旅でした。

この記事のURL | San Francisco | CM(0) | TB(0) | ▲ top
San Francisco②
2006/02/11(Sat)
次の日はホテルで朝食を取らずに、歩いて近くのチャイナタウンに行き、
飲茶してきました♪

朝早くから飲茶をやっている所は少ないようなので、以前行った事のある
New Asia(中国語では新亜州大酒楼)へ行きました。ここは珍しく朝9時にはもう営業していて、店の中に入ると中国系の人達であふれていて活気がありました。

New Asia
772Pacific Ave., San Francisco
TEL 415 391 6666 毎日営業

食べる気満々で行った私達は10種類以上は頼んだかな。。。もはやいくつ頼んだか覚えてないくらい沢山食べました。さすがに苦しくなってお会計するも、1人あたり
1500円程度。結構食べたわりには安かったです。なかなか美味しかったです♪

 20060210205516.jpg ☆店内は広く、点心はワゴンで次々と運ばれてきます ↑

この日のメイン・イベントは、かねてから憧れていたワイナリーに行く事!私達夫婦はワインに特別詳しいわけではないけど、カリフォルニア・ワインが大好き。
という事で、ワインカントリーがあるNapa ValleyとSonoma Valleyに車をすっ飛ばして行って来ました。

行く途中でGolden Gate Bridgeを通るので、View Pointに立ち寄りました。
霧もなく快晴だったので赤い橋が海や空に映え、とても綺麗でした。

20060210214541.jpg

カリフォルニア・ワインで人気があると言えば白のシャルドネで、世界で最も多く生産されているようです。また、赤のカベルネ・ソービニヨンは1972年パリで開催されたワイン競技会で優勝した事もあります。

まずはSonoma Valleyに行き、ダウンタウンにある観光案内所へ。そこで勧められたKenwoodと言うワイナリーで何種かテイスティング。なかなか美味しかったです。チーズファクトリーにも立ち寄って、ハバネロ入り(日本でもハバネロ流行りましたね)チーズを購入。
20060210231214.jpgココは沢山味見できるし、チーズ好きな人にはオススメです。

その後Napa Valleyへ。ここでは私達の好きなRobert Mondaviと老舗のBeringer Vineyardsに行ってきました。

20060210214937.jpg冬なのでブドウはもう収穫済みでしたが、見渡す限りのブドウ畑は壮観。↑

20060210234222.jpg ←ワイナリー内にはワインだけでなく、それに関連した商品が沢山売られている。
Robert Mondavi
7801 St.Helena Hwy., Oakville
TEL 707 259 9463

Beringer Vineyards
2000 Main St., St.Helena
TEL 707 963 7115


ワイナリーの楽しみと言えば沢山の種類を楽しめるテイスティングでしょうか。
難しい事を何も考えずにただ味わって、それぞれのワインの味の違いを感じ取りながら、美味しいと思ったものを選ぶ・・・こんなワインの買い方も贅沢だけどたまにはいいものです。

この日は朝の飲茶に始まりワインに終わる・・・そんな美味しい旅でした。

<つづく>
この記事のURL | San Francisco | CM(0) | TB(0) | ▲ top
San Francisco①
2006/02/10(Fri)
週末の3連休を利用してメキシコ・シティから飛行機で約5時間のサンフランシスコに行って来ました。

行ってみたら予想以上に寒っ。
雪は降っていないけどダウンジャケットを着て行って正解でした。

ホテルに荷物を置いて早速、Fisherman's Wharfへ。

20060209151810.jpg

20060209152123.jpgお腹がペコペコだったので茹でた蟹やクラムチャウダーを食べました。やっぱり港で食べるせいか、とっても美味しかったです。クラムチャウダーはパンをくり抜いた中に詰まっていて、くり抜いたパンもちゃんと付いてくるので、それを全部食べようとすると、けっこうお腹に溜まります。ワインも飲んでいい気分になってきました。


腹ごしらえをした後、港の散策。
PIER39という、レストランやお店が沢山入った所やアシカの溜まり場を見つつ、海を眺めました。
20060209153710.jpg                                
海の向こうにはアルカトラズ島があり、かつてマフィアのアル・カポネがこの島の刑務所に収容されていた事でも有名。今は立派な観光名所になってます。

20060209154352.jpg アシカの休息所??     ↑コロコロしてて可愛い♪

その後、ロンバード・ストリート(Lomberd St. 別名=世界一曲りくねった道)のS字カーブを車で下りました。物凄い急なカーブです!
20060209155004.jpg
ここは春だったら、花壇に花が咲いていてとても綺麗なんだけど、今は冬だから草花が枯れていて、なんだか寂しい感じ。
坂を下りきった所で街並みをパチリ。

20060209160232.jpgその後、しばらく日本を離れていると日本の物が恋しくなるね、と言う事でJapantownに向かいました。
行ってみて感動!日本食のレストランは勿論、書店が充実してました。
急に、無性に本が読みたくなり沢山買ってしまいました。




<つづく>
この記事のURL | San Francisco | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。