スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
結婚式♪
2006/04/30(Sun)
主人の部下の結婚式に行ってきました。場所はシティから近いクエルナバカのホテル、Camino Real Sumiya。ここはまるで日本にいるような錯覚を起こさせるような和風のホテルでした。ここを選んだ新郎・新婦はメキシコ人だけど、出張で15回以上も日本に行った事があるので、日本に思い入れがあるのかもしれません。
boda4.jpg

式のスタイルはメキシコ人なので、カトリックな感じだけれど、傘をさして登場したりと、ところどころにオリエンタルな雰囲気を感じさせてくれます。花嫁も若くて可愛らしい人でした。
20060501184302.jpg


しかし暑かった。。。DFも今の時期、昼間は半袖でOKな陽気だけれど、クエルナバカは常春と言われてるだけあって、いつ行っても暑いのです。こちらの結婚式に出るのはこれで2回目だけど、式もお食事も全て外でやるので、全く涼めません。加えて、今回は昼過ぎから始まり約1時間の式の間中立っていたので足が棒の様になってしまいました。(席は用意されているけど全員分はないのです)

式が終わると前回と同様、カクテルタイムのような歓談タイムがあり、芝生のお庭で冷たいドリンクを飲みながら、しばし歓談。その後、これまた野外に設置された席でお食事を取りました。
boda3.jpg
↑そしてお決まりのダンスタイム。皆ノリノリで踊りまくってました。

私達は途中で帰ったけど、きっと夜中まで延々と彼らは踊っていたんだろうなぁ。人気のある曲がかかると皆、いそいそと席を立ち、ダンス・スペースに向かいます。ホント、メキシコ人ってパーティー好きというか、踊り好きというか、タフ。前回紹介した、Miranda!の曲も人気があったし、何故かカントリーシンガーのShania TwainのMan! I Feel Like A Womanもかなりの盛り上がりを見せてました。でも、そんなラテンな雰囲気の中にいると楽しいです。彼らを見てるとサルサを習いたくなるんですよね。パーティーの最後までいた事ないけど、今度は挑戦してみようかしら。
スポンサーサイト
この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
チップはいくら払うべき?
2006/04/28(Fri)
今日はお友達とPolancoのPresidente Masaryk通りにあるフレンチ・レストラン、L'Olivierに行きました。Presidente Masarykという通りは高級ブランド店やお洒落なレストランが立ち並ぶ所です。
LOlivier.jpg
↑店内は広くて気持ちが良かったです。フレンチとあったけど、インターナショナルなメニューで、メキシコ風にアレンジしてあるメニューもありました。お味もなかなか良かったです。お値段も(飲まなければ)手頃。

いつも感じる事ですが、チップのない国に育った私にとっては、propina(チップ)の習慣ほどわずらわしいものはありません。ここメキシコ・シティではレストランで食事した場合、私が身近なメキシコ人に聞いた限りでは10~15%つけるとのこと。レストランによっては、初めからチップが込みのお勘定を請求される事もあります。チップってお客さんが決めるものだと思ってきたのに、はじめから入っているとなんか違うな~と感じちゃいます。

小額のお勘定だったら気にならないのですが、例えば総額が40,000円のお勘定だった場合はいくら払うんでしょう?やっぱり10%の4,000円をチップとして払うべきなんでしょうか。でも4,000円のチップってかなりの額ですよね。って私がケチなだけなのかも。チップ文化の中で育っていないので、この習慣はいつまでたっても慣れないものの一つです。

L'Olivier
Presidente Masaryk 49-C,Polanco.
TEL 5545 3133 y 5203 8657
Abierto: Lun a Sáb,14:00 a 17:00(comidas)y 20:00 a 23:00(cenas)
Dom,14:00 a 17:00(comidas)




この記事のURL | メキシコ レストラン | CM(8) | TB(0) | ▲ top
スペイン語のメルマガ
2006/04/27(Thu)
以前、「まぐまぐ」で英語のメルマガに登録して時間がある時に見ていたんですが、
そのスペイン語バージョンを発見。
どうやらフランス語バージョンもあるらしいです。

興味のある方はこちらからアクセス↓
いちばんやさしいスペイン語-メルマガ会話講座

さらっと読むだけで済むので、そんなに負担になりません。
知らなかった事も結構あって、勉強になります。

この記事のURL | スペイン語 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アメリカに行くと買ってしまうもの
2006/04/26(Wed)
revista.jpgアメリカに行くたびに買ってしまうもの。
それは雑誌!
彼が出張に行く時も買ってきてもらいます。日本にいる頃からアメリカの雑誌はたま~に買っていましたが、なんせ輸入だから高い。でも今ならアメリカに行く機会もあるので、たまに行くとついつい買ってしまいます。

Marie Claireや、ゴシップ誌のUS WeeklyIn Touchなどなど。Peopleもたまに買います。ファッションの参考になるし、ゴシップもバカくさいけど見てて楽しいです。本気で文章全てを読んでいるわけではないけど、ヒマな時にペラペラとめくっているとそれだけで、ハリウッド・ゴシップ通になった気分☆
この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
欲しかった本
2006/04/25(Tue)
Wiliams-Sonoma.jpg先日お友達に見せてもらって素敵だったので欲しかったWilliams-Sonomaから出てるメキシコ料理の本。やっと買うことが出来ました。メキシコ料理を習い始めると、料理本も買いたくなってくるものですね。この本、スペイン語で書かれています。アメリカで買えば英語バージョンがあるみたいです。まぁ、今スペイン語習っている事だし、スペイン語の勉強にもなるかな~と思って買ってみました。ただお料理をする為だけでなく、メキシコの記念にいいかなと思って♪

ページをめくっていると、昨日食べたタマレスの作り方もありました。




Wiliams-Sonoma1.jpg
写真左・これがタマレス。綺麗な写真は見ているだけでも楽しいです。↑

掲載されているレシピは良く知られているワカモレやタコスから、セビーチェ、チレ・レジェーノ、サルピコン、ポソレなどなど色々あって、基本的なものは網羅しているような感じ。
この本を見ただけで、もうお料理した気分♪

アマゾンでも勿論買えます。他にも、Postre(デザート)、Papas(じゃがいも料理)、Pasta(パスタ料理)など、色々な本がこのWiliams-Sonomaから出ていました。Asiática(アジア料理)ってのもありました。中を見ると色々なアジアの国の料理が掲載されていました。

外国の料理本もたまには楽しいものですね。


この記事のURL | メキシコ 食べもの | CM(4) | TB(0) | ▲ top
メキシカ~ンな朝
2006/04/23(Sun)
ただいま彼が出張中。彼のスペイン語の先生がタマレスとマンゴーなどの果物、お菓子をくれたので、今朝はそれを食べました。

comida.jpgTamales(タマレス)とは、トウモロコシの粉を練って、その中に具を入れてトウモロコシの皮などに包んで蒸した物です。朝、道端に売店が出ているのを良く見かけます。メキシコ人は朝にこれをアトレという飲み物(これもトウモロコシの粉をお湯で溶いたような物で甘く、色々なフレーバーがあります。イチゴ味とか)と一緒に食べます。

先生がくれたタマレスは2種類。中の具が違います。Tamales de chilpán(チキンのトマトソース煮込みみたいで辛い)とTamales de picadillo con chile piquín(挽肉のトマトソース煮込みでこれも辛い)。 あとくれたお菓子は、obleas con pepitaといって、かるーい感じの甘さ控えめの焼き菓子。色とりどりな所がメキシコっぽいです♪

comida2.jpg

これだけだと寂しいので、Crema de haba(そら豆のクリームスープ)と、Guacamole(ワカモレ)を作りました。それに頂いたマンゴーと桃、ヨーグルト、生絞りオレンジ&グレープフルーツ・ジュースを添えて。

メキシコ人は普通タマレスをそのまま食べるだろうけど、私はワカモレをつけて食べてみました。私、ワカモレが大好きなんです♪これが結構イケる!ワカモレはトトポス(トルティーヤチップス)につけて食べるのも美味しいです。最近作ったメキシコ料理の中で、Crema de habaは手軽に出来て美味しいので気に入ってます。作り方はとっても簡単。

<Crema de haba・そら豆のクリームスープ>
乾燥そら豆200gと玉ねぎ1/4を圧力鍋に入れ、柔らかくなるまで5分くらい煮る。その茹で汁ごとミキサーに入れてドロドロにし、それを鍋に入れ温め、そこに牛乳とエバミルクをお好みの量入れてゆるめる。最後にコンソメで味付けする。

簡単でしょう?それでいてクリーミーで美味しいんですよ。
日本に乾燥そら豆があるかは分かりませんが、生のそら豆でも代用できそうな感じがします。その方が色が綺麗そう。
ついでだから、ワカモレの作り方も掲載します。でもこれは家庭によって作り方が違うと聞きました。私が習った作り方は。。。

<Guacamole・ワカモレ>
①アボカド1つ・・・縦半分に切って種を取り、スプーンですくって器に入れ、よく潰す。②ライム汁 大さじ1杯
③トマト(赤)半分・・・微塵切り
④玉ねぎ1/4・・・微塵切り
⑤サルサベルデ・・・お好みの量

①~⑤を全て混ぜ、味が足りなかったら塩を入れるだけ。
Salsa verde(サルサ・ベルデ、グリーントマトの辛いソース)は日本で材料が手に入らないので、その代わりに生のチレ(チリ)をお好みで入れ、ニンニクの微塵切りを少々加え塩で味付けすればできなくもないでしょう。味は若干違いますが、これも美味しいです。
この記事のURL | メキシコ 食べもの | CM(6) | TB(0) | ▲ top
プレゼント選び
2006/04/23(Sun)
今日は結婚式に招待されているので新郎新婦に贈るプレゼントを選ぶためにLiverpoolに行って来ました。
こちらではお金持ちの結婚式での贈り物は大体、招待状の封筒の中にカードが入っていて、そのカードに「プレゼントはここで選んでください」という指定があります。結婚式はこれが2回目ですけど、今回もLiverpoolか、El Palacio de Hierroという高級デパートで、という指定が入ってました。

そのデパートに行くと「Mesa de Bodas」と言う名前だったかな?結婚式で贈るプレゼント受付カウンターのようなものがあり、新郎新婦の名前と式の日にちをを伝えると、コンピューターで新郎新婦が欲しいものをリストにした物を印刷してくれます。つまり私達はあれこれと「何がいいかしら?」と悩む必要はないのです。
そのリストから自分の予算にあった金額のもの、自分があげたい物を買えばよいわけです。ある意味合理的ですよね。だってこのリストにある品々は全て新郎新婦が欲しいものなんですから。もらっても嬉しくないものをもらうより、自分達が欲しいものをもらえるのもまぁ賢いやり方なのかもしれません。しかもこのプレゼントは大半の人はデパートから新郎か新婦の家に送ってしまうので、式の当日に持参する必要がありません。でも、これは恐らくお金持ちのカップルだけの話でしょう。

そんなわけで、プレゼント選びは簡単で、ワイングラスにしました。所要時間30分。笑

※ちなみにこのプレゼントのリストはLiverpool、El Palacio de Hierro両方のホームページでも新郎新婦の名前と日付を入れれば見る事ができ、ネット上でも購入する事が出来ます。ん~なんだか味気ない。。。
この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
MSNメッセンジャー
2006/04/22(Sat)
今日は東京にいる兄とMSNメッセンジャーを使って「音声チャット」をしました♪去年主人が赴任前に出張に行ってた時初めてメッセンジャーでWebcam(カメラ)を使った「映像チャット」デビューした私。
でも、まだ音声は試した事がありませんでした。日本に住んでいた時はなかなか使う機会がなかったし、必要性もなかったんだけど(電話やメールで事足りてたし)海外に来てからは事情が変わりました。そうしょっちゅう国際電話をしてもいられないので、ここ何ヶ月か実家に電話してなかったんですね。

でも最近兄がネットをADSLにしてインターネット環境が良くなったのをきっかけに「音声チャット」で話してみよう!と言う事になり、お互い試行錯誤の上、やっと繋がりました。いやー時代の流れってもんは凄いもんです。すっごく便利!お金かからないし♪
まぁ、電話みたいにクリアな音声じゃなかったけどほぼ電話に近い状態で話ができ、結構楽しかったです♪2時間話しちゃった。
この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
新学期
2006/04/22(Sat)
前回取っていたスペイン語のクラスもなんとか試験にパスすることができ、次のNivel(レベル)に進もうか相当悩んだんだけど、やっぱり時間もある事だし、もっと話せたら楽しいだろうな~と思って結局次のクラスも取る事にしました。

今回のクラスメートもハイレベルな人たちばかり。汗
やっぱりブラジル人もいたし!
先生もめっちゃ喋るの速いし、早くもついて行けるか心配になっちゃいました。
(´ヘ`;)

まぁ、でも学校に行くと新しい出会いもあるし。
学校に行く事によって周囲から刺激を受けて勉強も頑張れたりするし。
と言うわけで、新クラスが始まり新たに気持ちを引き締めた私なのでした。
この記事のURL | スペイン語 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
メキシコの食器
2006/04/21(Fri)
今日はお友達と久々に大好きなタイ料理レストラン、
Thai Gardensに行って来ました♪やっぱりここのお料理はいつ食べても美味しいです♪毎週でも通いたいくらい!
20060420235721.jpg
↑グリーンの多い店内は明るくとっても気持ちが良いです♪

ランチの後、注文していたメキシコ製のお皿を取りに行きました。
ここに来るまでは「メキシコ製の食器」には全然興味なかったんだけど、商品の数々を見てその素朴な可愛らしさに心動かされ、何点か買い集めるようになりました。
ここでは玄関にかけるような陶器で出来たプレートも名前入りで作ってもらえます。これも結構私のお気に入り。
20060421000520.jpg
↑右のプレートには名前などの自分の好きな文字を入れられます。これはBaño(バーニョ、トイレの事)と書いてあります。

食器を買うと不思議とお料理が楽しくなるような気がします。
さぁこのお皿に何を盛付けようかな?
この記事のURL | メキシコの魅力 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Las Vegas④(終)
2006/04/21(Fri)
最終日は飛行機まで時間があるので、バフェで朝食をゆっくり取った後、ストリップを2人で散歩してみました。Las Vegasの良い所は挙げ切れないほどだけど、こうやって普通に歩いていても楽しいんです。また、ホテルで上演される「無料ショー」を見るのもなかなか面白いです。

中でもBELLAGIOの「噴水ショー」は必見です!今回は見ようと思っていた前日の夜があまりに寒くて行けなくて、翌日の昼間になってしまいましたが、本当はライトアップする夜に見るのがオススメです。
Wynn18.jpg
↑BELLAGIO。ホテル前面にある湖は北イタリアの「コモ湖」をイメージして造られたそうです。

bellagio2[1].jpg
←夜のほうがライトアップ効果でより   幻想的。

ショーは30分おきに行われ、曲に合わせて噴水が動きなんとも華麗で綺麗なのです♪私達が見た曲目は映画CHICAGOのキャサリーン・ゼタ・ジョーンズが歌うAll That Jazzでした。



その後The Venetianに行ってみました。このホテルは名前の通りイタリアのベネチアをイメージして造られていて、ホテル内に運河も流れていてゴンドラに乗れます。そしてゴンドラを漕ぐお兄さんがカンツォーネを歌ってくれます。全室スイートという豪華な造り。
Wynn20.jpg

Wynn19.jpg
↑まるでヨーロッパのようなエントランスホール。

そういえば、道でこんな看板を見ました。
Wynn21.jpgどうやら今年6月にこのVenetianにあのミュージカル「オペラ座の怪人」がやってくるようです。これは楽しみ♪去年映画を見てファンになりましたが、まだミュージカルを見ていないので是非見てみたいです。そう言えば、Las Vegasではミュージカルも上演されています。今上演されているミュージカルと言えばMamma Mia、Hair Sprayなど。以前やっていたミュージカルで終了してしまったものに、CHICAGOもありました。


Wynn25.jpgLas Vegasのショウで最近感動したのはCeline Dionのコンサート。Caesars Palaceで2003年から上演されていますが、彼女のファンなら必見です!もう3年も月・火以外は殆ど休みなくやっているので、そろそろ終了するかもしれないからです。90分間ほぼ歌いっぱなしで、本当に歌が上手!毎日の健康管理や美声を保つのも大変でしょうね。彼女のプロ根性を感じさせる素晴らしいショウでした。


その後STRIPを自分のホテルに向かって歩いていると、後ろからけたたましいサイレンを鳴らして消防車が猛スピードで走り去っていきました。「なんだろう?」と思って前方を見るとモウモウと黒煙が上がっていました。近づいてみると、ポルシェがメラメラと燃えているではありませんか!
Wynn22.jpg
でも幸い、怪我人は出なかったようでそのポルシェの持ち主らしきカップルが抱き合って消防員が火を消すのを見ていました。ホッ。周囲は人だかりが出来てました。原因はなんだったのか分かりません。
Wynn23.jpg


さて、今回泊まったWynnですが前述したようにBELLAGIOをクリエイトしたWynnさんが造ったホテルなのでBELLAGIOに酷似しています。でもそのゴージャスさ、贅沢さはやっぱり日々の生活を忘れて現実逃避できるし、一時的にでもリッチな気分に浸ることが出来ます。
Wynn27.jpg


楽しい旅行というのはあっという間に時間が経ってしまうものですね。
Las Vegasは本当に何度行っても楽しいところなので、また近いうちに行きたいものです♪

<おまけ>
今回、彼がカジノで稼ぎ挙げた金額はUS$2000♪
そんなわけで「ふところ」がホクホクしている彼は気前よく私が欲しかった
Villeroy & Bochの食器とカトラリーを買ってくれました♪
これからも稼いでもらわなくっちゃ♪(現金な私。)
Wynn26.jpg
戦利品。↑
この記事のURL | Las Vegas | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Las Vegas③
2006/04/20(Thu)
翌日、カジノに彼を置いて1人でShoppingに出掛けました。
ホテルの目の前にFashon Shaw Mallがあるからです♪
大規模な拡張工事が終了した 2003年以降、ここには140店舗のテナントが入っているだけでなく、Nieman Marcus、Saks Fifth Avenue、Robinsons-May、Macy's、Dillard's 、Nordstrom と Bloomingdale'sの7つの百貨店も入っていて、一日中いても見切れないほど。結婚式が近いのでドレスを買う為に行ったんだけど、あれこれ見ているうちに色々欲しくなってしまって困ちゃいました。
Wynn14.jpg

しかしこのモール、とにかく広いです!大体のお店を見終わった頃には夕方になってしまいました。 ドレスは結局、大好きなAnn Taylorでサマードレスを買いました。結婚式のドレス向けかと言うと、どちらかと言うとかけ離れていて普通っぽいんですが、今の時期は暑いのでそのくらいが丁度いいかと思って♪

ここには他にBanana Republic、Gap、bebe、ZARA、J.Crewなど日本人が知ってそうなカジュアルブランドからLouis VuittonやCoachなどの高級ブランドまで幅広く入ってます。私が好きなカジュアルブランド、Abercrombie & Fitchも入っているのが嬉しいところ。日本でも人気が出始めているのでそのうち日本上陸するかも。姉妹ブランドHollister Co.もありました。 残念だったのは大きな本屋とCDショップがなかった事。

それにしても今回、メキシコで取得した免許証が大活躍でした。と言うのも私、いつも買物やカジノやお酒を飲む時にお恥ずかしながら未だに
「ID見せろ」と言われるんですね、殆ど毎回。悲(´A`。)
だから、パスポートの代わりにこの免許を見せたんだけど、これで万事OK。メキシコの免許証なので、「メキシコから来たの?」ってよく聞かれ、レジ係がヒスパニックの人だと ¿Habla español? (スペイン語せる?)なんてことになり、会話が盛り上がります♪しかも、お店の店員でヒスパニックの人に出会う確立高し。

☆Las Vegasでお買物できる所で私がオススメしたい他の場所と言えば、月並みですがCaesars PalaceのThe Forum Shops、ストリップから車で10分程度で近い Las Vegas Premium Outletsなどがお店が程よくまとまっていて買物しやすいと思います。

中でもThe Forum Shopsは夜遅くまで営業していて(平日は23:00まで、金土は24:00まで)便利な上に、ショッピング以外でも無料のショーがあったり、モールの雰囲気がCaesars Palaceにちなんでローマ風でとても綺麗です。時間経過で空の色が変わる天井も素敵です。
Wynn15.jpg
The Forum Shopsの中。↑

そういえば、私達が滞在しているWynnにもショッピング・アーケードがあります。でもここに入っているお店は全て高級店。シャネル、ヴィトン、カルティエ、ディオールなどなど。日本にいた時よく見ていたお気に入りのドラマSex And The Cityのキャリーが好きな靴、Manolo Blahnikや、上品なドレスが印象的なOscar de la Renta も入っていてホテルの雰囲気に合ったゴージャスなお店が軒を連ねています。
Wynn16.jpg
↑ホテル内のアーケード。靴屋さんの「大きな靴のディスプレイ」が可愛い!

Wynn17.jpgこの日は買物で足が疲れた私とカジノのCrapsの台に一日中寄りかかって立ちっぱなしで疲れた主人。夕食は近場で良いという事になり、ホテル内のアジアン・レストラン、「RED 8」に行きました。何処まで行ってもアジア料理が食べたい私達なのです。Menuはタイ料理のパッタイや、インドネシア料理、中華な

ど様々なアジアの料理がありました。和食もあり、お味噌汁もあってなかなか美味しかったです♪

夕食後、また彼はカジノへふらふらと戻っていきました。ほんっとよく疲れないわねぇ。。。彼のカジノへの情熱はハンパじゃないです。きっと戻ってくるのは明け方かなぁ。私は旅の疲れを癒す為、バスタブに温泉の素を入れてゆっくりとお湯に浸かって体を温めました。Las Vegasは砂漠なので基本的にこの時期は暑いんだけど、ホテルの中は何処も冷房がよく効いているので体が冷えるんです。これから行く方、羽織るものは絶対に必要ですよ!
この記事のURL | Las Vegas | CM(2) | TB(0) | ▲ top
Las Vegas②
2006/04/18(Tue)
次の日はホテル内のプールに行ってきました。Las Vegasって砂漠の中にあるのに、このプールを見る限りそんな感じが全くしません。

Wynn8.jpg

このプールの凄いところと言えば、CABANAがあること。CABANAとはプールサイドにある日よけの個室の事で、それがゴージャスさを一層引き立てていました。
Wynn9.jpg
↑これがCABANA。利用してないので料金が幾らかかるか分かりませんが2階建ての個室になっておりリッチな気分を味わえそうです。

また、プールサイドにはカジノセクションがあり、プールにいながらにしてお酒を飲んでプレーが出来るようになっています。ここはなんだか、大人の雰囲気のプールで子供が騒げるような所じゃなさそうです。

Wynn10.jpg


Las Vegasのお食事と言えば。。。BUFFET(バフェ)は外せません。
大体何処のホテルにもありますが、定額の料金で食べ放題なシステム。WynnのBuffetはホテルのコンセプトに合った、ゴージャスな雰囲気でした。
Wynn11.jpg

お料理の種類も多く、他のホテルのBuffetと比べても美味しい方だと思います。
種類は少ないですが、手巻き寿司やシュウマイ、中国粥などのアジア料理もありました。相対的にお料理の質はかなり高いと思います。
デザートもなかなか美味しかったです♪

なにもここまできて。。。と思うのですが、彼の強い要望により午後はゴルフをしました。もうゴルフにハマリまくっている彼は誰が何と言おうとゴルフをしたいのです。一般的にアメリカのゴルフ料金は日本に比べてかなり安いので、私達はThe Legacy Golf Clubに行きました。(ホテルのゴルフ場は高すぎますから。。。)

行ってみるとなかなか素敵なゴルフ場でした。2人だったので、他の2人組のアメリカ人と一緒に回る事に。暫く練習サボっていたのでどうなる事かと思ったけど、日差しが暑くてもカラっとした風が吹いてそんなに暑く感じることもなく気持ちよかったです。一緒にプレーしたアメリカ人の1人、Mikeは私と同じく初心者で、ゴルフシューズでなくスニーカーにグローブも帽子もつけずにプレーしていて、ミスショットする度にブ~たれてました。でも2人ともいい人達だったので変な緊張感もなく楽しんで出来ました。次の日予想通り、体中が筋肉痛になってました。フゥ(o´Å`)=з

Wynn13.jpg夜はこのホテルに出資したアルゼの岡田氏の名前がついた和食レストラン「OKADA」があるので、そこで食べました。和食と言ってもアレンジされています。例えば「ブイヤベースの味噌仕立て」(味は海鮮味噌汁って感じ)とか、「フォアグラと鰻」(ほろふき大根の上にソテーしたフォアグラと鰻が乗っかってる)、「牛しゃぶ肉の生春巻き」などなど。

でもどれも美味しかったです。
店内には寿司カウンターと炉辺焼きカウンターがあります。

牛しゃぶ肉の生春巻き↓
Wynn12.jpg

客層を見ると、日本人と言うか・東洋人が少なかったです。白人ばっかり。あとスペイン語圏の人達。メキシコ人かもしれないし、キューバ人かも知れないし他の国かも。。。とにかくいたる所でスペイン語を耳にします。
この記事のURL | Las Vegas | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Las Vegas①
2006/04/17(Mon)
私達夫婦が大好きな街、Las Vegas。常に進化し続けるこの街は何度行っても楽しいし、飽きさせません。今回は去年4月に新しくOpenしたホテル、WYNN LAS VEGASに泊まりました。ここは同じLas Vegasのホテルであるミラージュ、トレジャー・アイランド、ベラッジオをなどを手がけたホテル王のSteve Wynn氏が作ったホテルで、日本の大手パチスロのアルゼ社の会長、岡田氏も多額の出資をしているようです。総工費は27億ドルとか!

Wynn.jpg
莫大なお金を掛けて造っただけありホテル内は豪華な造りになっていて、気分だけでもリッチにさせてくれます。敷地内には18ホールのゴルフコースもありますがお値段が高い。土日平日関係なく1人US$500します。高っ!

Wynn2.jpg
エントランスを通ると生花で出来たミニガーデンがあり明るい日差しが気持ち良い。また、上から吊るされた花で出来たボールも可愛らしい♪

Wynn3.jpg
お部屋の雰囲気は若々しい色使い。バスルームにはTVがありバスタブが大きく使いやすい。

Wynn4.jpg

荷物を置いて早速カジノに出掛けました。主人は大のカジノ好きで、彼はここにカジノの為に来た、と言っても過言じゃありません。でも根っからの博打好きではなく、このLas Vegasの雰囲気の中でゲームをするのが好きなだけなようです。今回、ここに来るにあたって彼はCRAPS(クラップス)のルールを頭に入れ勝負気満々で望んだのでした。

クラップスとは、2つのダイス(サイコロ)を降り、どの目が出るか当てる単純なゲームで、サイコロを振るのはプレーヤー(客)なので、彼曰く、ディーラーに対して挑む他のゲームと違い最もフェアなゲームだそうです。今まで専らルーレット、ブラック・ジャック、スロットなどをやってきましたが、確かにクラップスほど「勝てる」ゲームは無いかもしれません。と言うのも滞在中に彼が儲けた金額が相当なものだったからです。

Wynn5.jpg時間が経つのは速いもの・・・あっという間に夕食の時間になりました。韓国料理が食べたい気分になり、前回行って美味しかった、韓国焼肉レストランKIMCHIに行きました。オススメは豆腐チゲ、パジョン(チヂミ)。豆腐チゲの美味しさには感動しました。これをご飯にかけて食べると本当に美味しいのです。勿論、お肉も美味しかったですよ。

KIMCHI
3049 Las Vegas Bl.,#20  TEL(702)894 9944 24時間営業

夕食の後は、楽しみにしていた同ホテル内で上演されている水上や水中で行なわれるアクロバットショー「Le Reve」(フランス語で夢の意)を見に行きました。
Wynn6.jpg

感想・・・BELLAGIOで上演されているシルク・ド・ソレイユの水のショー「O オー」(フランス語でeau は水の意)に内容がそっくり。それもそのはず、クリエイターが同じ人なんですね。タイトルがフランス語だと言う事、ステージがプールになっていることや、プールの水深を自在に変えられるようになっていること、主に水を使ったアクロバット的な演技をする所が本当に似ています。ただ、今回見たショーはステージが完全な円形になっているので、「O」と違いどの席から見ても良く見え、席に当たり外れというのがなさそうです。(但し、一番前の席はステージにとても近い為、かなり濡れます。私達は一番前だったので相当濡れました。バスタオル必携です!でも値段はその分安いですし迫力満点ですよ♪)
Wynn7.jpg

また、「O」ではまったくトークがなく神秘的な雰囲気があるのに対し、「Le Reve」ではトークがあったり色々なキャラクターが出てきてコミカルかつダイナミックです。「O」と似ている部分が沢山ある「Le Reve」ですが、面白かったしシルク・ド・ソレイユなどのサーカスが好きな人にはオススメです。主人は「O」より「Le Reve」の方が好きなようです。
この記事のURL | Las Vegas | CM(4) | TB(0) | ▲ top
Semana Santa(セマナ・サンタ)
2006/04/16(Sun)
先週からのセマナ・サンタ(聖週間)を利用して旅行に行ってきました。今帰ってきたところです。ε-(;-ω-`A) フゥ…

さて、メキシコはカトリックの国ですがこのセマナ・サンタ(Semana Santa)は本来、木曜日・金曜日・土曜日で毎年3月だったり4月だったりと決まってません。(それが何故だかはわかりませんが。。。)

なぜ曜日が木~土なのかと言うと、木曜日が「キリストがユダに売られた日」で、金曜日が「キリストが十字架に掛けられ殺された日」、そして次の日の土曜日が「キリストが墓から復活した日」、これにちなんでいるようです。だから、セマナ・サンタの前になると敬虔なカトリック教徒は肉を食べず、魚を食べます。その為、この時期になるとそれを見越して魚の値段がドーンと上がるそうです。そしてセマナ・サンタになるとメキシコの各地でキリストの受難劇をやったりするそうです。

またこのセマナ・サンタは本来は木~土ですが、大半のメキシコ人は学校も会社もその前後にお休みをくっつけて、長く休みます。なので、セマナ・サンタの時期はメキシコ人がこぞって国内外に旅行に出掛けたりするので、何処も混みあい飛行機やホテルの値段も高くなります。


そんなわけで、私たちもこの休暇を利用してLas Vegasに行ってきました。明日以降は旅行についてUPしていきたいと思ってます。
この記事のURL | メキシコのお祭り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
運転免許証
2006/04/11(Tue)
今日、運転免許証を取ってきました!と言うか買ってきました!
ここメキシコでは運転免許証は18歳からもらえるのですが、日本みたいに実地試験と筆記試験がないのです。(但し大型特殊車両除く)故に教習所に通う必要もなし。
驚き!( ゚д゚)ンマッ!!
つまり、お金さえ払えば誰でも免許が貰えるのです。
だから、メキシコ人の運転マナーが悪いのか。。。!納得。
じゃ、誰が運転を教えるのか?親が教えたりしているようです。

取り方としては、まず423ペソを(4500円くらいかしら?)銀行で支払い、その領収書のようなものと電気や水道料金の支払済みの領収書(住所が記載されている事が重要)、それと私は外国人なので一応ビザとパスポートを持っていきました。あとは、写真と指紋を取りサインをして終わり。所要時間約1時間。早いでしょう?

Licencia.jpgそして日本との最大の違いは、これがPermanenteだって事。永久免許なんです。つまり更新の必要なし。死ぬまで使えます。す、凄すぎる。。。でも数年前までは何年か毎に更新するやり方だったそうです。そう考えるとそんな時期にメキシコに来られたのはラッキーでした♪と言うのも・この免許証、アメリカでも車を借りて運転する際に使えるんです。(一部使えないレンタカー会社もあります)これは便利!だから主人はアメリカへ旅行する時はいつもこれを使って運転しています。通常なら国際免許証を使いますが、国際免許証って有効期限が1年か1年半くらいしかなかったと思うので、そういう意味で更新の手間とお金がかかりません。


国際免許証で思い出しましたが、メキシコは国際免許に加盟してないので国際免許証が使えません。だから、メキシコで運転するにはメキシコの免許を取る必要があります。

運転免許証も取った事だし、明日から運転しよう!と言いたい所ですが、怖くて出来そうにありません。さっきも言いましたけど、
メキシコ人の運転マナーはメチャクチャ悪い。ウィンカー出さずに車線変更するのは当たり前、信号は無視する(信号の数も少ない)、車線なんてあってもないがごとく(と言うか車線の数以上に車の列が多いような気がする。故に隣の車とスレスレで走ってる)、割り込みも当たり前。空いている道路で逆送している車も見ました。ありえな~い!!
故に車の事故多し。よく事故を見かけます。こわっ!
と言うわけで、運転に自信のない私は当分はアメリカでしか運転できなそうです。
この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
Miranda!
2006/04/10(Mon)
頭をついて離れない曲ってありますよね。たまに見るTV番組Ritomoson Latinoでよく流れているMiranda!(ミランダ!)のDon(ドン)がそう。アルゼンチンのグループなんだけどボーカルの人の顔が濃くって、一度見たら忘れられないって感じ。体の線が細くてピチっとしたパンツとシャツを着て歌っているんですけど、しぐさを見るとゲイにしか見えない。キモ可愛い感じでVideoを見たら面白くって、印象が強くて忘れられなくなっちゃって、ついにCDを買っちゃいました!最初Videoを見ずに聞いた時は女性かと思うほど高音で可愛らしい声で歌ってます。こっちでは人気があって、色んな所でこの曲がかかっています。残念ながら日本のAmazonではライヴ版CDしか売られてないようです。Amazon.comだったらあります。視聴はこちら→Yahoo! Música


ゲイといえば、ここメキシコ・シティには沢山ゲイがいます。特にZona Rosa(ソナ・ロサ)エリアはゲイの町なんじゃないかと思うほど一杯いるそうです。私、メキシコに来る前まではメキシコ=マッチョの国。と思っていたけど、そうでもないみたい。あとレズビアンも沢山いるとか。それにマザコン多し。意外ですよね。私も以前、レストランでゲイのカップルを見かけました。
この記事のURL | 音楽 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
新しいショッピング・センター
2006/04/09(Sun)
今日は夕方、主人の好きなタコス屋さんEl lago de los cisnes (白鳥の湖)
にご飯を食べに行きました。
ここで、ポソレやアラチェラ(牛肉)のタコス、パストールなどを食べ、
帰りに近所に出来た新しいショッピング・モールを見に行きました。

そこには映画館のCinemexやペットショップの+KOTA、Starbucks、Zara(服)、
自然食品のNutrisaなどが入っていて、建物自体は大きくないんだけど家から
近いので、映画が見たいときなどに便利そう♪

モールの中では何も買わなかったけど、地下にお洒落なスーパーがあったので
そこに寄ってみました。いつも買物と言うと、Comercial Mexicanaか、Walmart、
Costcoでするんだけど、そこは日本の紀伊国屋みたいなちょっと高級感漂うスーパーで、
果物や野菜が綺麗に並べてあって、普段行くスーパーみたいに無造作に物が積まれて
なくってとっても綺麗!
20060408210831.jpg
↑店内はこぢんまりとしているけど、なんかお洒落

高いかと思いきや、普段行くスーパーとそんなに値差もないので、
これから事あるごとに行ってしまいそうです♪
この記事のURL | メキシコのお店 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
週末の出来事⑤(終)
2006/04/08(Sat)
20060407203722.jpgシウダデラ市場を見た後、ベジャス・アルテス宮殿(Palacio de Bellas Artes)に行きました。ここのシアターではオペラやバレエ、コンサート、毎週水・日にメキシコ伝統舞踏ショーなどをやっており、更に上階にはシケイロスやディエゴ・リベラ等の壁画などが展示されているギャラリーがあります。
また今回はサルバトーレ・フェラガモの歴史と靴の展示をやっていました。ここは、その名の通り非常に美しい建物です。

20060407203648.jpg ↑大きな壁画は革命的なテーマが大半で圧倒されます。

ひと通り中を見た後は、ベジャス・アルテスの脇を通っているAv.Lazaro Carderasに毎日出ている露店に行きました。でもここの露店が他と違う所は売られている物が全てコピー商品だって事。前にも記事で書いたけど、私はここの露店を見るのが大好きです。
20060407210106.jpg
ここにはなーんでもあります!映画のDVD、音楽CD、衣類、化粧品、日用雑貨などなど。。。
Kさんが靴マニアなので靴を結構見ましたが、プーマのマークが猫みたいで、ちょっと嘘っぽかった。。。笑。

20060407224409.jpg
露店で買物した後は、おなじみのソカロへ。ココに行くといつもアステカの踊りをやっていたり、今回は特設ステージでイベントをやっているようでした。

20060407225200.jpgその後、マリアッチがたむろするガリバルディ広場(Plaza de Garibaldi)の前を車で通りました。ココに行くと必ず客引きに熱心なマリアッチが車を追っかけて走ってきます。メキシコと言えばマリアッチ。私はいつもベサメ・ムーチョ(Besame Mucho)シエリト・リンド(Cielito Lindo)をリクエストします。

その後、夕方になってきたので早めの夕飯を食べにビジャ・マリア(Villa Maria)に行きました。このレストランはメキシコが初めての人にはなかなか良いかも知れません。マリアッチがいるし、お料理も美味しいし、雰囲気も素敵。
20060407225125.jpg ↑2階は明るい日差しが気持ち良い。マルガリータは飲みきれないほどBig!

それにしても、久しぶりにメキシコ・シティ市内観光が出来て楽しかったです♪出張者のKさんにも満足してもらえたようだし、今度彼が来る時はまた、違った楽しい所に連れて行けたら、と思ってます♪
この記事のURL | メキシコ 旅行(メキシコ国内) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
週末の出来事④
2006/04/05(Wed)
Angel.jpgさて翌日、10時45分に出たつもりが、メキシコ人に言われて11時45分だと気づきビックリ。いつの間にかサマータイムに切り替わっていました。日本にない習慣だから、いつも忘れてしまいます。今回は時計の針を1時間進めるので、なんだか損した気分。

車でセントロに向かう途中、独立記念塔の前を通るのでその近くで記念撮影しました。
その後、民芸品探すならやっぱりここかなと思い、シウダデラ市場へ。ここはいつ行っても沢山の民芸品があって、品揃えも変わってたりして、楽しいです。今回はそんな民芸品の数々を写真で紹介します。


20060404124613.jpg ↑シウダデラ市場の駐車場。中には所狭しと小さなお店が並んでます。

20060404124654.jpg ↑左・色々なおもちゃ。右・ランチョンマットや、コースター、籠、バッグなど。

20060404124740.jpg
↑太陽と月の素焼きっぽい飾りが天井から沢山吊られてました。

20060404124817.jpg
↑カラフルで可愛いブタさんの貯金箱とコースター、果物・野菜などの置物。

20060404124859.jpg
↑プエブラで有名なタラベラ焼き。素朴で可愛いので今回は鉢を2つ買いました。

20060404124937.jpg
↑カラフルなキャンドル。中にお花や貝殻などが入っていて香りもします。

20060404125019.jpg
↑マリアッチの置物。沢山並んでいると迫力があります。

20060404125104.jpg
↑いつかは買ってみたいブキ可愛い「ガイコツの置物」。

シウダデラ市場(Mercado de la Ciudadela)
Plaza de la Ciudadela y Balderas No.1y5
TEL 5510 1828
Horario 10:00-18:00(店により営業時間異なります)
この記事のURL | メキシコ 旅行(メキシコ国内) | CM(6) | TB(0) | ▲ top
週末の出来事③
2006/04/05(Wed)
さてさて、タコスが美味しいレストラン「CABESON」に行った後、出張者のKさんの奥さんが誕生日が近いのと、子供達にお土産を買いたいと言う事で、さすがに誕生日なので民芸品よりはきちんとした物が良いという事になり、でもマサリクに売られているようなブランド品はこちらでは本当に高いので(日本と同じ位かもしれません)「Premium Outlets Punta Norte」に行ってみました。メキシコにアウトレットがあるなんて思いもしませんでしたが、前にお友達に教えてもらいました。ここは比較的最近出来たアウトレットで、御殿場にもある「Premium Outlets」グループのアウトレットです。もう何度かいきましたが、ココはいつ来ても空いていて、なんか活気がないです。それにまだ入っていないテナントが多くて寂しい感じがします。

私が思うに、メキシコはアウトレットあんまり成功しないんじゃなかと。。。と言うのも、メキシコ人のお金持ちは週末やお休みの時など事あるごとにアメリカに行っては買出しをしてくるので、メキシコに必要ないような気がするんです。アウトレットと言っても中で売られているものは殆どアメリカン・ブランドだし。だから勿論、値段もアメリカよりは高いです。それにお金持ってない人は、そもそも来ないだろうし。

ここで、Kさんは奥さんへシルバーのブレスレット、子供達へはミニカーと子供服をお買い上げ。そして、靴好き(靴マニア?)のKさんはアディダス、PUMAで靴を物色。彼曰く、メキシコには日本にないデザイン・カラーの物が豊富に揃っていて、ワクワクするんだとか。
その他スポーツ店を何店か見た後、アディダスで1970年にメキシコで開催されたワールドカップの復刻版シューズをお買い上げ。これ、緑地に赤のラインが入っていてかな~り派手なんですよ!(こってりメキシコ・カラー)。さすがはKさんです。笑
アウトレット、最初はどうかなと思いましたが喜んでもらえたようでホッとしました。

夜は私達のアパートに行き、お酒を飲みながらご飯を食べてノンビリしました。
この日のお献立はヒカマのキンピラ(こっちの根菜のようなもので、キンピラにすると美味しい)餃子、お味噌汁、揚げ鶏のピリ辛ソースがけ、サラダ。おつまみに枝豆。なんか超普通の献立です、ハイ。もっとお料理できるようにならなくちゃ、ですね。
(-_-)

この記事のURL | メキシコ 旅行(メキシコ国内) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
週末の出来事②
2006/04/04(Tue)
そう言えば。。。テオティワカンに行く度に帰りに立ち寄るレストランがあります。そこは、お洒落な感じでもなく、どちらかと言うと「大衆食堂」という感じなんですが、そこのタコスがなんと言っても美味しいんですね。テオティワカンから特別近いわけでもないんだけど、ついつい行ってしまいます。毎回出張者が来るとココに連れて行きますが、好評のようです。

Cabeson.jpg ↑店内は「闘牛」に関連した物が沢山飾られています。オススメはワカモレと、アラチェラのタコス、CABESONスープ(正確な名前覚えてませんが牛肉でダシを取ったコンソメみたいなもの)です。

CABESON 沢山店舗ありますが、私達はTlalnepantla店に毎回行きます。住所を聞くのを忘れました。

Satélite店
TEL 5239 4345

Tlalnepantla店
TEL 5565 8541

León Gto.店
(01 477) 636 3139

Santa Fe店
Guillermo González Camarena No.900
Ciudad Santa Fe
TEL 5292 6928 y 5292 6929

以前聞いた話ですが、ここで使われているお肉は闘牛場で処理された牛の肉なんだそうです。闘牛に使われていた牛、と言うとなんだか硬そうなイメージですが、そんな事もなく柔らかくて美味しいです。ここは、主人のメキシコ人同僚も美味しいと言っています。

そうそう、メキシコには「闘牛」があります。スペインに征服された歴史があるのでその影響でしょうか。「牛追い」もある地方都市では行われているとか。




この記事のURL | メキシコ レストラン | CM(4) | TB(0) | ▲ top
週末の出来事①
2006/04/03(Mon)
週末に出張者のアテンドでメキシコシティ市内観光してきました。
まず行ったのがテオティワカンもう4度目です。
さすがに4度目ともなると「えっまた~?」と言う感じになりますが。。。まぁ考えようによっちゃ、4回も行けてラッキーと思うようにしてます。しかし、ここはいつ行っても
暑い。帽子・日焼け止め・サングラスは必携です!

でも最近、体調崩していたので本調子じゃ無い為か、「太陽のピラミッド」に登るも、半分ぐらいの所でヘタレました。疲ε-(;-ω-`A)

「死者の道」を行く途中でサボテンが沢山生えている横道で記念撮影したんですが、これが災難のキッカケに。
サボテンが沢山生えている地面をよく見ると無数の小さな赤い蟻(アリ)がいるんですね。
私は暑さと疲れでボーっと立ってたんですが、するとそのアリ達が私の足を登ってきたんです!ハッと思った時にはもう遅くて、その後鋭い痛みが!靴をよじ登ってズボンの下から入ったアリ達が次々と私の足やらお尻に噛み付き、なんとも形容しがたい激痛を味わいました。泣(´A`。)

その後トイレに行ってズボンを脱いでみたら、ゾッとすることにまだ2匹ほど私の足に噛み付いていました。なんだか夢に見そうです。
後で聞いてみたら、そのアリには毒はないようです。でも、一瞬毒があるかと思うくらいの痛みでした。でも私、「破傷風」の予防接種受けてないけど大丈夫かな。。。これからテオティワカンに行く方がいたら、アリには要注意!です。
ホントに痛いですから!

さて、今回はサボテンのお話をします。
テオティワカンには沢山サボテンが生えています。
20060403205618.jpg ↑ノパル(Nopal)と言うサボテン。またはウチワサボテン。葉も、その先に着いた丸い実(トゥナ Tuna)も食べられます。スーパーで普通に売られてます。葉は棘が生えているのですが、それは処理されて売られてます。これを茹でたり焼いたりして食べます。ウチでは茹でて「おひたし」にしたり、スープに入れて食べてます。実は赤いのと緑のものがあって、緑は冷やしてフルーツのように食べ、赤は料理に使うと以前聞きました。

私は葉も実も両方食べましたが、なかなかイケます。葉は切るとヌルヌルとしていて、まるでオクラのようです。これも以前聞いた話ですが、ノパルは健康に良くて、糖尿病の人に効果があるとの事。あと、実は冷やして食べるとホンノリ甘くて、でも少し青臭い。ただ、種が多いです。メキシコ人はこの種をいちいち口から出さずにガリガリと噛んで食べてしまうようです。
この記事のURL | メキシコ 旅行(メキシコ国内) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。