スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
乳がんにならないために
2008/11/26(Wed)
最近読んだ本で、とても影響を受けた本。


乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか
(2008/10/15)
ジェイン・プラント

商品詳細を見る



乳がんの啓蒙活動はアメリカなどで盛んなようですが、
日本でも最近注目されてきてるのかしら。
メキシコからマイアミに移ったばかりの頃、
ホテル暮らしで何も出来ない状態のときに、TVを見ていたら、
ちょうど オプラ・ウィンフリーのトーク・ショウをやっていて、
そこで女優のクリスティーナ・アップルゲイトが36歳(記憶が正しければ)
で乳がんになり、両乳房を失った話をしていました。彼女は女の盛りに乳がんになり、


「今でもシャワーを浴びるたびに自分の胸を見ては泣いたりする事もある、
だってバストは私の好きなボディーパーツだったから。」



と語っていました。そんな彼女を見て、涙が出ました。
でもクリスティーナはその後、乳房再建手術(形成外科手術)を受けて、
前向きに生きているようです。


乳がんは、女性にとってあまりにも残酷な病気ではないでしょうか。


このトーク・ショウには他にも何人か乳がんに罹った女性が出演していて、

①乳がんは家族歴(家族に乳がんに罹った人がいる)がなくても、かかる病気である
②乳がんは30~40代の女性に発症が多く見られる
③早期発見のために乳がん検診を必ず受けるべき

などのアドバイスをしていました。
この番組を見た後に、私の今までの乳がんに対する考えが変わりました。


その後、日本に里帰りした際に本屋で上記の本を見かけ、気になり読んで見ました。

この本は実際に乳がんに罹ったジェーン・プラント教授の闘病記でもあり、
その過程で4回も転移を繰り返したガンがなぜ消えたのか、
その後15年経過しているがどうして再発しないのかを、
論理的に詳しく説明しています。
乳がんにかかる原因、これはこの本を読んだ人なら納得できるものだと思います。
まさか牛乳が、そして全ての乳製品が体に悪いなんて!

それは、それまでの私が牛乳に対して抱いていたイメージや、
知識を根本的に覆すものでした。
そして、これからの食生活を見直そうと強く感じました。




お勧めの1冊です。







スポンサーサイト
この記事のURL | マイアミの日常 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
やっと私専用の車がもらえた
2008/11/19(Wed)
里帰りからマイアミに戻ってきました。
その後、メキシコに旅行に行ったりもして、まだこちらの免許は取得していないけど、
とりあえずメキシコの免許があるから当座しのぎ。
昨日、やっと車を購入しました。

と言ってもそれは主人用。
私の車は主人の会社から支給される、カンパニーカー。

今まではカンパニーカー1台しかなかったので、彼がその車を出勤に使うと、
私の車がないので、ここずっと出かけられなかったけれど、
これで外出も出来るようになります。


auto.jpg


昨晩、保険の契約が済んだのでディーラーに取りに行き、彼が新車を運転して前を走り、
私がその後ろを追いかけるようにして、カンパニーカーを運転して帰りました。
帰りの高速、、、出口で急に割り込んできた車がいて、急ブレーキを踏んだけど、
ヒヤっとしました。あ~ぶつからなくてよかった^^;
こちらはメキシコの運転マナーよりは良いと思うけど、気をつけなくちゃ。






この記事のURL | マイアミの日常 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。