スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
里帰りにそなえて
2009/09/25(Fri)
おちびちゃんの湿疹、ローションのおかげか、だいぶ治ってきました。
ただ、治った部分の肌質が、以前のようなつるつる・すべすべ・しっとりな
肌質じゃないような気もするけど。。。



さて、家族や親戚にお披露目するため、10月に里帰りを予定している我が家。
そして短い滞在期間中に、人間ドック、歯科検診、買出し、お墓参り、美容院、
母乳のための「おっぱいマッサージ」、できれば娘のお宮参り。。。など
盛り沢山なスケジュールをこなすつもり。忙しすぎて友達には会えないかも(>_<)



前回は私が一足先に帰って、実家に1ヶ月ほどの滞在でしたが、
今年は赤ちゃんがいるので、そうそう色々な所にも行けないだろうし、
夫も5日間は東京の会社に出社しなくちゃいけないこともあり、
今回は2週間とかなり短い滞在。



さて、今回の里帰りのハードルはおちびちゃんとの飛行機での
移動はもちろんのこと、人間ドックなど、どうしても何時間かは、
娘を私の母に預けることになること。
となると、預けている間のおっぱいが心配なわけで。。。



出産してから、最近になってやっと短時間の赤ちゃん連れの外出もするように
なったけど、でも授乳の時間になると人気のない駐車場で授乳したりして、
哺乳瓶からあげたことがなかったので、今回の里帰りを機に、哺乳瓶にも
慣れてもらおうと、哺乳瓶&搾乳器を買ってきました。↓スイスのメデラ社製の手動搾乳器。




メデラ 母乳育児 Harmony ハーモニー 手動式 搾乳器メデラ 母乳育児 Harmony ハーモニー 手動式 搾乳器
()
メデラ

商品詳細を見る





母乳を絞ること1時間、、、やっと75mlほど(え、これだけかい)搾乳して、
飲ませてみました。



結果やいかに!
見事に惨敗です。
全然、受け付けてくれません(>_<)
どころか、「何をよこすのよ~!」
とばかりに激しく泣かれました。
やっぱりダメか。。。



でもでも、そんなこと「のん気」に言っていられません。
哺乳瓶に慣れてもらわないと、預ける時はもちろん、外に出かけた時に
どうしてもおっぱいからあげられない時に、哺乳瓶から飲んでもらうことに
なるでしょうから。
これから、猛特訓しなくちゃ!
だ、大丈夫かな。。。(かな~り不安)







☆おまけ☆
hija6.jpg
ベッドで寝るのが嫌いな娘のために、ベッドメリーを買ってみました♪
これでもっと寝てくれるようになるといいんだけど。



~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

今日はやっと気持ちに余裕ができたので、ここに寄付してみました。
US$240寄付すると、口唇裂・口蓋裂の子供の1回分の手術代が賄えるとか。
妊娠中からTVのCMでさんざん見ていて、気になっていたので。
やっぱり子供を持つと、「ひとごと」とは思えなくて。。。
自分のお小遣いでやったつもりが、あれ?気付いたら夫のクレジットカード使ってました^^;
ははは。。。良いことをしたのだから、彼もきっとわかってくれる、、、よね??






スポンサーサイト
この記事のURL | 子育て | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パスポート申請と小児科へ
2009/09/22(Tue)

今日は娘のパスポートを取りに行きました。

passport.jpg

事前に出生届を済ませ、日本の戸籍謄本を取っておいたので、
日本領事館で即日発行、ものの1時間程度で出来ちゃいました。
娘は誕生とともにアメリカの国籍を取得しているので、
ついでにアメリカのパスポートも取りました。
郵便局で必要な書類を提出して手続きを済ませると、
郵便で送られてきます。大切な物なのに郵送なのが日本と違いますね。
まだ赤ちゃんなので、両国のパスポートとも有効期限は5年間。
これで準備が整ったので里帰りできます。


パスポートを取った後、小児科に行ってきました。
娘の顔や頭に沢山の真っ赤な湿疹ができて心配だったので、
2ヶ月検診を待たずに連れて行ったのです。



hija4.jpg
診察台で暴れる娘。



先生に診てもらったら、湿疹というよりはニキビに近い症状みたい。
皮膚が敏感な子に出来るみたいだからと、ローションを出されました。
まだ月齢が低いので、アトピーかどうかの判断がつかないようでした。
里帰りまでに治るといいんだけど。。。何しろ顔が真っ赤で可哀そうです。
幸いなことに痒みや痛みはないみたいで本人も辛そうにしていないので、
それが救い。アトピー皮膚炎じゃありませんように。。。!





hija5.jpg
おちびちゃん、つい最近まではツルツルすべすべの肌だったのに。。。






この記事のURL | 子育て | CM(4) | TB(0) | ▲ top
母乳育児は楽しい?
2009/09/15(Tue)




以前から赤ちゃんが生まれたら、母乳育児をしたいと思ってました。
そして今のところ完全に母乳で育てていますが、
道のりは平坦ではありませんでした。



まず、産後の1週間が一番辛かったです。
一般的に、産後すぐには母乳がなかなか出ないとは聞いていたけど、
私も全然出なくて、出ないところを赤ちゃんがもの凄い力で吸うので、
乳首が切れ、血が出たりして、とても痛かった!
母乳が足りないから赤ちゃんの夜泣きが凄かったしで、最初の1週間は
寝不足と乳首の痛み、夜泣きとの戦いで、本当に泣きながらおっぱいをあげてました。



でも、入院中に巡回で私の部屋に来たラクテーション・コンサルタントの女性が


「女性はみな、母乳が出るのよ。そういう風に体が出来てるの。」
「母乳でやると決めたからには、粉ミルクをあげずに頑張るのよ!」


と言っていたのを思い出したり、母乳育児をしていたお友達に、
初めの1週間を乗り切れば、少しずつ出てくると聞いて、なんとか頑張れました。
それがなかったら、くじけてたかも。そのくらい、痛かったんです。
その後は、彼女の言うとおり、1週間を過ぎたあたりから少しずつだけど母乳が
出るようになり、乳首の傷も癒えてきて、赤ちゃんも満足そうにしていたし、
体重も順調に増えているようです。



でも私のおっぱいは、トラブルが多いおっぱいのようです。
通常私の授乳時間は2~3時間ごと。そして授乳時間が近づくと、
おっぱいがパンパンに張って、痛くなります。
最近の悩みは、右胸に大きな「しこり」ができたこと。
このしこり、石のように固くて板状に広がっていて、熱っぽい。
そして赤ちゃんに吸わせると乳首がまた痛むようになりました。
まさか乳腺炎じゃ?と不安になって、お友達に相談したところ、
彼女いわく、乳腺が詰まりかかっていると、しこりが出来やすいらしいです。



日本だったら、助産院や保健所などで相談できるし、
おっぱいマッサージをしてくれる人がいるので、乳腺炎になる前に
ケアをすることができるのだとか。
聞いたら、アメリカの場合、ラクテーション・コンサルタントに聞いても
「とにかく吸わせなさい。」 の一点張りで、具体的に乳腺炎を予防するには
どうすればいいのか、というようなアドバイスはないらしく、
日本だと乳製品や脂っこいものを食べると、乳腺が詰まるので、和食中心の
食事を心がけた方が良いと言われるらしいけど、アメリカでは食事については
何の注意もなし。
マッサージしてくれる人もいないし、産婦人科に行っても、乳腺炎になってからしか
診てくれないよう。(その場合は抗生物質を処方されるみたい)



10月に里帰りを予定しているので、その時にマッサージを受けに行こうかな~と
真剣に考えてます。それまで自分でマッサージしたり、冷やしたりして
おっぱいの状態をこれ以上悪化させないようにしないと。
今考えているのは、桶谷式のマッサージ
痛くないマッサージらしいし(痛い所もあるらしい)、開いていない乳腺を開通させたり、
詰まっているところから、溜まっていた古い母乳を出してくれるらしい。



否定的な事ばかり書いてしまったけど、それでも母乳育児を頑張っているのは
やっぱりおっぱいをあげている時の、赤ちゃんの美味しそうに飲む姿が、
本当に可愛いし、私たち親子の絆を深めてくれるような気がするから。
それに出来ることなら我が子に最高の物をあげたい、という気持ちからです。
良い母乳を出すには、食べてはいけないもの(というか食べない方が良いもの)が
もの凄く多くて大変だけど、自分の出来る範囲でやって、
できるだけ美味しい母乳を飲んでもらいたいな。
夜中の授乳は大変だけど、夜通し寝てしまうと私のおっぱいにも良くないし、
おちびさんにも朝方の栄養豊富な母乳を飲ませたいので、しばらく頑張ります。



hija3.jpg
おちびさん、なかなかおでこの上の毛が伸びない。。。









この記事のURL | 子育て | CM(8) | TB(0) | ▲ top
1ヶ月検診
2009/09/03(Thu)

月曜日の早朝、母が日本へ帰ってしまい、なんだか家の中が寂しくなりました。
早いもので、娘が産まれてから1ヶ月が経ち、私の体の調子も戻ってきて、
やっと1人で家事をなんとかこなせるようになってきました。


今日は、娘の1ヵ月検診で小児科に行ってきました。
こちらでは、出産して退院するまでに、かかりつけの小児科を決めておくのが
普通らしく、私は特にこれと言った先生を知っているわけではなかったので、
その時病院に巡回に来た先生にお願いしました。
娘の先生は女医で、コロンビア人。なかなか良さそうな感じの先生。
クリニックはとても明るく、小児科らしい可愛らしい雰囲気。


pediatria1.jpg


体重を計ってもらったら、1ヶ月で約1kg強増えていて、成長したんだな~と実感。
どうりで、最近抱っこしていているうちに手がしびれるわけだわ。。。
でもウチのおちびさん、まだへその緒が取れてないんですよ。
普通は1~2週間で取れるみたいだけど。


アメリカでは、へその緒が取れるまでは沐浴はしないようにと言われます。
理由はいくつかあって、へその緒があるうちは、おへそがジクジクして湿ってるので、
乾かす為もあるし、沐浴させ過ぎるとアトピー性皮膚炎になりやすいのだそうです。
なので、おちびさんは未だにスポンジバスのみ。
でも、気持ち悪いのでたまにタライでお尻だけとか、頭だけ洗ってます。
あ~早く沐浴させたいな。


次回は来月の2ヵ月検診。
そこでいっきにジフテリア、破傷風、ポリオなどの沢山のワクチンを注射する予定。
きっとすんごく泣くんだろうな~


hija2.jpg
生後1ヶ月の娘。顔もだいぶ変わりました。
母いわく、私の赤ちゃんの時にそっくりだとか。
髪が薄いのがちょっと気になります^^;
目を開いている可愛いショットを撮りたいんだけど、これが難しい。
この記事のURL | 子育て | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。