スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
チップはいくら払うべき?
2006/04/28(Fri)
今日はお友達とPolancoのPresidente Masaryk通りにあるフレンチ・レストラン、L'Olivierに行きました。Presidente Masarykという通りは高級ブランド店やお洒落なレストランが立ち並ぶ所です。
LOlivier.jpg
↑店内は広くて気持ちが良かったです。フレンチとあったけど、インターナショナルなメニューで、メキシコ風にアレンジしてあるメニューもありました。お味もなかなか良かったです。お値段も(飲まなければ)手頃。

いつも感じる事ですが、チップのない国に育った私にとっては、propina(チップ)の習慣ほどわずらわしいものはありません。ここメキシコ・シティではレストランで食事した場合、私が身近なメキシコ人に聞いた限りでは10~15%つけるとのこと。レストランによっては、初めからチップが込みのお勘定を請求される事もあります。チップってお客さんが決めるものだと思ってきたのに、はじめから入っているとなんか違うな~と感じちゃいます。

小額のお勘定だったら気にならないのですが、例えば総額が40,000円のお勘定だった場合はいくら払うんでしょう?やっぱり10%の4,000円をチップとして払うべきなんでしょうか。でも4,000円のチップってかなりの額ですよね。って私がケチなだけなのかも。チップ文化の中で育っていないので、この習慣はいつまでたっても慣れないものの一つです。

L'Olivier
Presidente Masaryk 49-C,Polanco.
TEL 5545 3133 y 5203 8657
Abierto: Lun a Sáb,14:00 a 17:00(comidas)y 20:00 a 23:00(cenas)
Dom,14:00 a 17:00(comidas)




スポンサーサイト
この記事のURL | メキシコ レストラン | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<結婚式♪ | メイン | スペイン語のメルマガ>>
コメント
-  -
こんにちは♪
おぉ~懐かしいですL'Olivier。
・・・チップの習慣なんかわかります。日本は基本的にないですものね。アメリカに住んでいた頃にアメリカ人の友人が言っていたのですがウエイターなどのお給料は低く、チップで稼ぐのだそうです。ときにチップのほうがお給料より多いとか。なのでテーブルごとに1人専属のウエイターがついて「ビールもう少しのみますか?」とか「お料理おいしかった?」など頻繁にお客さんに声をかけ親切にするのだそうです。チップの習慣がないとこのシステムに、もの申したくなりますが、、、。(韓国や中華レストランは個人のチップではなくチップを集めて従業員で分けるところもあるそうですが。)
私の友人はサービスが悪いと8%だけのチップしかあげない、でも凄く良かったときは15%などとしています。
メキシコにいたときの私の恐怖は駐車場でぴぴぴ~なんて勝手に誘導してくれて、チップを催促される事でした><。だって必要ないのに~~~。
日本は「チップ」を考えなくていいので今は恐怖から開放されました(笑)。
PS.広尾駅の有栖川公園前にスーパーがあります。詳しい住所がわからなくてごめんなさい。
2006/04/28 18:14  | URL | bebe #-[ 編集]
-  -
チップの習慣、確かにそういう環境で育っていない私達日本人にとっては煩わしいこともありますよね、分かります。
bebeさんもおっしゃっているように、満足の度合いで支払えば良いのだと思いますが、その満足度を金額で表すというのはやはり難しいですよね。
でも、レストランの場合ではありませんが、チップを渡せば色々なことをしてもらえるので私は結構好きでした。
例えば・・夫抜きで日本に帰省する場合など、私は子供が2人いて、メキシコに住んでいたときは2人ともまだ小さかったので、空港などでスーツケースと子供の手を引き、ベビーカーを押すというのはかなりの重労働だったのですが、メキシコならチップを渡せば運んでもらえるので、大変な思いをしなくてすむとか・・。
ウィーンでは端数を切り上げてキリのいい金額で払うというのが一般的でしたが、満足の度合いによってはそれ以上上乗せして支払ったりしていましたよ。
2006/04/29 00:46  | URL | melange #-[ 編集]
-  -
bebeさん☆

bebeさんもこのお店行った事があるんですね。^^
そうですよね、確かにこちらのウェイターさんの時給って凄く低いんですよね、だからチップの稼ぎが本当に大きいって以前聞いた事があります。だから、しょっちゅうテーブルに来てはお皿を片付けたり、注文を取りに来たり、こちらが「今は大丈夫だからほっといてよ」って思うくらいに張り付いてますよね。まぁ、お店が混んでくるとなかなか来なくなる時もありますけど。。。
私は最初、こちらのウェイターさんが食べている途中にも関わらず、しょっちゅう「お皿片付けてもいいですか?」って聞いてくるのが凄く嫌でした。なんか落ち着かないし、急き立てられているような気がして。でもどうしてそんなに再三聞いてくるのか学校の先生に聞いたら、チップをはずんで欲しいから、色々と面倒を見ようとするのだと聞いて少し納得しました。まぁ、彼らも必死なのだと。。。でも、サービスが悪かったら10%もつけなくてもいいんだと私も聞きましたし、逆にサービスが良くて感動したら15%以上つけてもいいですよね。そういえば、確かにレストランでも何でも車で行くと途端に人が出てきて誘導しはじめちゃうことありますよね、呼んでもいないのに。。。あと、自分の道路でもないのに「場所取り」をしていて、そこに駐車するにはその人にチップを払わなくちゃイケない、なんてメキシコならでは光景も結構見かけますよね。でも、駐車場が一杯で路駐する時に役に立ったりする場合もありますね。日本はつくづく楽な国ですね、そういった意味で。
ナショナルマーケットの場所、教えていただきありがとうございます♪日本に帰ったら行ってみたいです。
2006/04/29 09:58  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
melangeさん

確かに満足の度合いで払えばいいけど、それを金額であらわすのは難しいですね。。。上限もないし。日本はチップがなくて凄く楽なんだけど、melangeさんの言うとおり、逆にメキシコのチップ文化で便利な事もありますよね。空港での荷物持ち、私も聞いた事があります。あと、ソチミルコにもそういう人がいました。沢山花を買っていると、「それを○ペソで車まで運びましょうか?」って言う人が。。。自分1人で大荷物を持っていかなくちゃならないとき、これは便利ですよね!メキシコの面白い所は、なんでも仕事にしちゃうところです。↑で書いたように、まるで自分の道路のように「場所取り」してて、駐車したがっている人からお金を取るみたいな。。。車で通りを走っていると、いろんな人に出くわしますよね、頼んでもいないのに、フロントガラスを拭いてお金をもらおうとする人、車が沢山走っている道のど真ん中で大道芸をし始めて、最後にお金をもらおうとする人。。。ほんとにさまざま。

2006/04/29 10:07  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
アメリカにいたときはチップを払うのはお食事に行ったり美容院に行ったりホテルで泊まったりする時だけだったけど、
メキシコでは外にちょっと出ると小銭がどんどんなくなっちゃいますよね。駐車場の場所取りや誘導係、トイレにいけば手を拭く紙を持ってきてくれたり。
自分で出来ることばかりだけどそれを自分でやってしまうと彼らの仕事をとっちゃうことになるんですよね・・・。
チップの習慣がない日本人はレストランではチップを払うことは分かっていても荷物を持ってもらうときやホテルまでの送迎バスに乗る時などチップを払い忘れてしまうことも多いみたいですね。悪気はないんですが・・・(^^;)
2006/04/29 12:34  | URL | miranda #-[ 編集]
-  -
mirandaさん

そうなんですよ、それを私達が自分でやってしまうと彼らの仕事を奪っちゃうんですよね。。。mirandaさんの言うとおり、ここメキシコではあらゆる事が仕事として成り立っています。スーパーに行けば、買ったものを袋に詰めてくれる高校生くらいの子に何ペソか払わなくちゃいけないし、買った物をカートに入れてガラガラ引きながら駐車場を歩いていると、「駐車場まで引いていってあげましょうか?」って言う人が寄って来る。トイレに行って手を洗っていると、サッと手拭き紙を差し出してくれる。。。といった具合にその習慣に慣れていない私はしばしば、払うのを忘れてしまいます。とにかく、何かをやってもらってタダっていう事はこの国ではそんなにないんですよね。それだけ、この国に仕事が少ないと言う事、貧しい人が多いという事なのでしょうね。物乞いも沢山いますしね。。。
2006/04/29 13:30  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
度々お邪魔します・・。
車を運転して出かけることが多かった私は路駐のおじさんにも随分とお世話になりました(笑)。
路駐するときの誘導はあまり必要ないと私も思いますが、路駐している間は一応車を見張っていてくれるので、どこまでちゃんと見ていてくれるかは少々疑問ですが、自分の車に戻ってきた時に車が無事にあれば、見張っていてくれたことに対して、帰り際にチップを渡すということにあまり抵抗ありませんでした。
レストランにしてもバレット式の駐車方法だとお店の前で車から降りられて、その後は係の方が駐車場所まで持って行ってくれるし、帰りも目の前まで車を持ってきてくれるので、私は便利だなぁと思っていました。
メキシコの後、ウィーンに移り住んだとき、逆に自分で何もかもやらなくてはならなかったので「メキシコだったらチップ渡せばしてくれたのに・・」って思うことが多かったです。
皆さんのおっしゃるとおり、チップを要求されることって自分で出来ることばかりで、自分でやってしまったら彼らの仕事がなくなってしまう・・その通りだなぁと思いました。
子供もいたせいか、私は結構色んな場面でチップを渡してお願いしていたように思います。ちょっとは貢献していたのかな?
2006/04/30 01:14  | URL | melange #-[ 編集]
-  -
melangeさん☆

ものは考えようですね!確かに車生活の人にとって、そしてDFのように車で溢れている街は、駐車スペースを探すのが大変だったりしますよね。そういう時、小額のチップさえ払えば、駐車でき、一応?車の面倒を見てくれているだろうこの「cuida coche」だったかな?呼び名。。。はとても便利ですよね。melangeさんのように、先にメキシコでそういう生活をしていて、その後、ウィーンで生活してて何もかもやらなくてはならなくなると、メキシコでの「お金を払えばなんでもやってくれる」この生活が懐かしくなりますよねきっと。日本は人件費も物価も全て高いので、こういったシステムは成り立たないだろうけど、確かに「こういうのが日本にあったら楽だろうなぁ~」と思うものも沢山ありますよねmuchacha(メイド)とか。。。メイドを雇うなんて、日本では体験できないことなので、ある意味貴重な体験です。
2006/05/01 00:29  | URL | vivamexico #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://vivamexico.blog15.fc2.com/tb.php/108-a952a4c9

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。