スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
信じられない法案
2006/05/02(Tue)
5月1日付けの記事から抜粋。

「メキシコがコカインなど薬物の少量所持合法化」

メキシコ上院議会は先週、コカインやヘロインなどの薬物の一定量所持と個人的な使用を認める法案を賛成多数で可決した。既に下院を通過しており、フォックス大統領の署名によって成立する。薬物売買に対する罰則強化も盛り込み、「麻薬対策」の一環としての法案という。しかし、効果が不透明なうえ、一部の合法化は薬物使用を助長するとの懸念もある。隣接する米国の反発も予想される。

 法案によると、個人的な所持が認められる量はコカイン500ミリグラム、ヘロイン25ミリグラム、マリフアナ5グラムなど。規定を上回る所持は薬物取引にかかわっているとして、懲役4~8年の刑が科せられる。

 捜査当局は末端の個人使用者を見逃す一方で、大量を扱う薬物取引の摘発には重点を置くという。法の「麻薬対策」としての効果は不透明だが、メキシコの警官は、末端の使用者にワイロを要求して罪を見逃している実態があるとして、「警官汚職を追放できる」という指摘がある。

 しかし、「薬物使用を合法化することは、薬物売買を合法化することと同じだ」(反対議員)という反発も強い。またメキシコ観光に訪れる米国の若者に悪影響が出る懸念もあり、新たな米国とメキシコの外交問題に発展する可能性もある。


☆はぁ?って感じです。一体この国は何を考えているんでしょう?
こんな法案を作ったところで現状は何も変わらない気がするのですが。。。銃に関しての規制もそうです。以前メキシコ人から聞いた話ですが、一般市民は登録していないと銃を所持する事はできないし、銃を外に持ち歩く事は法で禁じられています。(つまり家の中だけ)でも、一部のお金持ちの人が(恐らく護身用に)車などに入れて持ち歩いているんですね。そして万が一警察に見つかってもワイロを払えば許してもらえるそうです。お金を持っていない貧乏人が銃を所持して外出して警察に見つかると、刑務所に入れられ6年も懲役させられるそうです。この国は汚職警官が沢山いるので、何事もお金次第な気がします。
スポンサーサイト
この記事のURL | メキシコ 生活 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<映画 King Arthur | メイン | 和食な日>>
コメント
-  -
私もこの法案に関しては頭にきてメキシコ人である主人を責めましたよ~!
「メキシコ人って本当意味分からない!!!」
メキシコが安全で綺麗で住みやすい国になって欲しいと願ってる私にとってかなりショックなニュースでした・・・(泣)
上が変わらなきゃメキシコは変わらないですよね。
政治家や警官の汚職一掃に取り組んで欲しいです!
2006/05/02 11:28  | URL | miranda #-[ 編集]
-  -
mirandaさん

ホント、メキシコ人って時々わけがわかりません。。。
金持ちが殆ど政権を握っているので、金持ちは自分の事だけしか考えないから貧乏人は貧乏なままだろうし、マフィアのように銃や麻薬で儲けている政党もいるし、この国は本当に良い方向に変わっていけるんでしょうか。。。
でも今年の選挙は今までになく、メキシコ市民が期待しているそうです、「何か変わるんではないか」と。家庭教師の先生曰く、少しずつですが、変わってきてはいるんだそうです。ただ、それがあまり速い変化ではないので、時間がかかるそうです。
mirandaさんも将来もしかするとメキシコに住む日がくるかもしれい時の為にも、住みやすい国になって欲しいものですね。
2006/05/02 11:58  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
残念ですが、この記事の内容、メキシコっぽいなぁと思ってしまいました。。。
メキシコが治安面でよくなったらどれだけ魅力的な国になるのだろうと思うんです私。。。
警官や何にしろ「お金」がものを言う・・・という悲しい現実ですよね。チップ(お金)をあげればなんでもあり・・・便利なこともありましたが、ふに落ちない事もありました。。。
でも、数年前に比べると治安など少しづつ良くなっているそうです(友人談)。

「マイボディーガード」をふっと思い出してしました。(観ました?この映画?)
2006/05/02 23:43  | URL | bebe #-[ 編集]
-  -
bebeさん

治安面が改善されたらどんなに魅力的な国か。。。同感です。
映画「マイ・ボディーガード」見ました。それもこの国にくる直前に。結構衝撃的な内容で、全部が全部本当じゃないにしても(あとでメキシコ人に聞いてみたところ、過激な描写があるけれど半分は事実というか、メキシコの現状を描いていると言われました)これを見てかなり暗くなったのを覚えてます。もともと来たかったわけではないのに、更に「行きたくない」という気持ちが強くなりました。実際来てみて良い所も沢山あると発見して好きになってきてますけど、治安面には細心の注意を払う必要があるし、そういう意味で、ここは一生住める国じゃないなぁと感じています。こんな法案が可決されると、麻薬目当てでメキシコに来る人間も増えるのでは?と思います。
2006/05/03 00:57  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
はちゃめちゃですね、メキシコ!!
政治に関してはメキシコに限らず、中南米はどこも同じです・・。
政治家はなんだかんだ上手いことを言いながら、結局の所は自分の私利私欲のためにしか動かないんですよね。
だから、国全体が良くなる訳じゃなくて、一部のお金持ちだけが潤って、更に貧富の差が生まれるという悪循環を招いているのだと思います。本当に、悲しい現実ですね。
メキシコの警察が腐敗しているのも、賃金がとても安いからだと以前聞きました。だから、賄賂で小遣い稼ぎでもしないとやってられないそうです。だからといって、許されることではないですよね。メキシコの治安は数年前よりは確かに少しは良くなったみたいですね、私も小耳に挟みました。
私は今でもメキシコが大好きなので、「麻薬の少量所持合法化」のニュースは残念でなりません。
2006/05/03 03:49  | URL | melange #-[ 編集]
-  -
melangeさん

melangeさんの言うとおりです。政治家は金持ち出身の人が多いので自分の事しか考えてないから、貧しい人は貧しいまま。
汚職警官が多いのも、彼らの賃金がとても安いからというのは本当だそうです。1ヶ月のお給料が5000ペソしかもらえない、と以前学校の先生に聞きました。警察と言う職業事態、この国では尊敬される職業ではないと。誰でもなれる職業、それが警察だとも聞きました。「そんなに勉強してないとアンタ、警察になっちゃうわよ」という言葉があるそうです。それでも先生曰く、数年前に比べれば警察も良くなってきてはいるそうです。やっぱりトップが変わらないと、この国は変わらないのだと思います。中南米は本当に様々な問題を抱えていますよね。
2006/05/03 04:17  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
少量の保持を認めることがなんの効果につながるのか、記事を読んでいてもまったく掴めません(><)!!
メキシコの(南米の国々もそうでしょうが)の警官汚職は本当に有名ですよね、空港で日本人を襲うのも警官がグル、高速道路で車を止め、なんだかんだとイチャモンをつけて結局金品を要求するのも警官。そんな状態で汚職追放しきれるとは全く信じられません。
しかもそんな簡単に警官になれるのなら、怖くて誰を信用していいのかわかりませんね...。
2006/05/03 04:38  | URL | Coko #x5xziaQQ[ 編集]
-  -
Cokoさん

本当に誰も信じられなくなっちゃいますよね。
私たち日本人はただでさえ、「日本人=お金持ち」と思われているでしょうから、気をつけて暮らさないと怖いです。
タクシーも誘拐に使われることが多いと聞きますし、メトロも危ないし、外を歩いていても何が起こるかわからないので、なるべく危険な場所に行かないように心がけるしかないですね。
麻薬の問題はメキシコだけでなく、全世界の問題ですがこの法案には少なくとも改善しようと言う気持ちが見えませんよね。
2006/05/03 06:04  | URL | vivamexico #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://vivamexico.blog15.fc2.com/tb.php/112-1014f62f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。