スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
グアナファトの魅力③(最終章)
2005/10/17(Mon)
前回に引き続き、またまたグアナファトについて。

「口づけの小道」を見た後、イダルゴ市場(Mercado Hidalgo)に行きました。
ここのメルカド(市場)はちゃんとした建物の中にあって、
この建物は以前駅舎だったとか。

1階が生鮮食品や雑貨、コピーCD・DVD(メキシコは違法コピー商品の無法地帯)
などが売られ、2階は主に民芸品が売られていました。

シティにも沢山メルカドはあるけど、ここのメルカドも色々な物が売られていて、
活気があって見ているだけでも楽しかったです。

コピーCDを買おうと思っていたんだけど、お目当てのアーティストの物がなく、
断念。1度くらい買って見たかったんだけどね・・・

↓イダルゴ市場
DSC01094.jpg
↑ミイラ

その後、「ミイラ博物館」(Museo de las Momias)へ。
最初ここへは私達がいる場所から、ちょっと離れていそうなのでタクシーか、
バスで行こうと思ったんだけど、何を血迷ったか歩く事に。
後に散々後悔する羽目になるんですけどね・・・

そう、やっぱり歩くには遠かった!
そりゃ歩くのが好きな人にとっては、そんなに苦痛な距離でもないだろうけれど、
この日は物凄く天気が良く、とても暑かった&主人は歩くのが大嫌いということで、
「まーだー?いつになったら着くのーー?」
ってな感じで辿り着くのに結構時間かかりました・・・


そして辿り着いたは「ミイラ博物館」。
なんでこんなに可愛らしい街にこんなものが?
このミイラ博物館、公共墓地だった所の一部を公園にしようと掘ったら、
ミイラが出てきたのでそれを博物館にしちゃったらしい。
メキシコの気候と土壌が乾燥している為、エジプトのミイラのように死後措置を
取っていなくても自然にミイラが出来ちゃうそうな・・・
ってアナタ、勝手に墓掘り返して「死体」を展示しちゃっていーんですかね???
ちゃんと親族には許可を取ってやっているのか、不明です。


最初は興味津々で見ていたものの、なにしろ160体(?だったよーな)
もあれば段々飽きてきます。
面白いのは、比較的新しいミイラなのか、服を着たままで、しかも皆
現代的な服装だった事。中には赤ちゃんのミイラもありました。


でもここ、結構観光客に人気なのか人が沢山いました。
イダルゴ市場にも名物なのか、ミイラの形をした飴が沢山売られていたし。
まぁ、見て損はないけど、気持ちのいいもんじゃないなー


その後、また中心街に戻って歩き、お腹が空いたのでサンディエゴ教会裏の丘に
あるイタリアン・レストラン「エルガジョ・ピタゴリコ」(El Gallo Pitagorico)
でディナーを取り、最後にピピラ記念像の丘にもう一度行き、夜景を見てから帰りました。
帰ったのは夜中の1時を過ぎてました・・・


まだまだ沢山書きたい事はありますが、長くなるので今回はここまで。
グアナファトに行く機会があったらまた書きたいと思います。


スポンサーサイト
この記事のURL | メキシコ 旅行(メキシコ国内) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サンファン市場 | メイン | グアナファトの魅力②>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://vivamexico.blog15.fc2.com/tb.php/12-5834e5b7

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。