スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Shine
2006/07/26(Wed)
映画、シャイン(Shine)を見ました。実在するオーストラリアのピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴット(David Helfgott)の半生を描いたお話です。彼は小さい頃から父親の教えでピアノを始め、才能が開花するも、その父親の歪んだ愛情と厳しさが次第に彼の精神を蝕んでいきます。彼に対するお父さんの仕打ちがあまりにも酷くて、時々見ているのが辛くなるほどでしたが、最後に彼の理解者である女性ギリアンに出会って再びピアニストとして輝き始めるさまは本当に感動しました。作中彼が挑んだラフマニノフのピアノ協奏曲第三番という曲は今までそんなに馴染みがない曲でしたが、ピアニストにとって非常に難しい曲だと初めて知りました。この映画を見て随分前に辞めてしまったピアノをもう一度始めたくなりました♪


満足度:★★★★★
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<フレンチなメキシカン・レストラン | メイン | 料理学校>>
コメント
-  -
私も数年前に「シャイン」をWOWWOW でみました。凄く印象深い映画でツタヤでジャケットを見かけるたび主人公のお父さんがよぎります。。。
父と息子の関係・・・あそこまでいかなくても、きっと複雑なものがあるのかな・・・と最近のニュース(息子が父親を殺害)を見ると思ってしまいます

ピアノの音色っていいですよね~。指を動かすって健康にもいいですし、又はじめてみるのもいいアイディアかも!
2006/07/28 09:56  | URL | bebe #-[ 編集]
-  -
bebeさん☆

前半は本当にお父さんがあまりにも主人公のDavidに厳しいので、辛くて見ていられないほどでしたけど、最後に彼がピアノの世界にカムバックするあたりはやっぱり嬉しくなったし、希望があって気持ちがホンワカします。また実話なのが何よりもこの物語を印象深くしていると思います。ピアノの音色は本当に綺麗ですよね!本当にまた始められたらなぁ。。。と思います。でもピアノがない^^;日本に帰ったら電子ピアノでも買おうかなぁ?自分のピアノは実家にあって母が今習っているし。
2006/07/28 15:04  | URL | vivamexico #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://vivamexico.blog15.fc2.com/tb.php/153-5eed128a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。