スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バスク風フランス料理?
2006/08/22(Tue)
今回はVasco Francesa(バスコ・フランセサ)、バスク風のフランス料理?なるものを食べました。
Bakea.jpg


そこでバスク風とはなんぞや?と思い調べてみました。

バスクとはスペイン北部とフランス南西部にまたがり、独自の言語・文化を持つバスク地方のことで、ここは美食地帯として有名だそうで、ミシュランで星がつくレストランが沢山あるそうです。
またETAというテロ組織がいる事でも知られているそうです。
20060821201433.jpg


バスク料理とスペイン料理の違いは、そのソースにあるようで、スペイン料理よりもバスク料理のほうがよりソースを重視しているようで、一般的に赤・緑・黒・白の4色があるそうです。
そしてそのソースの種類はというと、赤は赤ピーマンから、緑はパセリ、黒はイカ墨、白は油とダシを乳化させたものだとか。
これらのソースに鱈やメルルーサなどの大西洋のお魚を組み合わせた物が伝統的なバスク料理なのだそうです。もちろん、バスク料理は魚料理だけでなく山の幸も使われてるようです。
また、スペインではフランスのようにバターを使う食文化が浸透していなくてオリーヴ・オイルを使用するのに比べ、バスク料理はバターをよく使うとか。

そしてバスク地方はフランスにもまたがっているため、バスク料理はフランス料理にも取り入れられているようです。
そして今回食べたお料理は「バスク風のフランス料理」。そういうお料理があっても不思議ではなかったんですね。一つ勉強になりました。

なるほど。。。バスク地方がそんなに「美味しい地方」だったとは。
気になるお料理ですが、どれも美味しかったです。
タコとエビのサラダや、イベリコ生ハム、お魚料理を頼みましたけど、特に生ハムは滅多に食べないので、それは美味しく頂きました。口の中でとろけるんですね~~。
お店も小ぢんまりとしていてなかなか素敵。今度は主人を連れて行きたいです。



Bakea
Sierra Ventana 700-B, Lomas de Chapultepec
TEL: 5520 7472 y 5520 6954
Abierto: lun. a sáb., 13:30 a 00:00



スポンサーサイト
この記事のURL | メキシコ レストラン | CM(2) | TB(1) | ▲ top
<<メキシコのウェイターさん | メイン | ソチミルコから来た植物達>>
コメント
-  -
そういえば、スコットランドを旅行してた時、たまたまバスクから来てた女性と出会ってさ、そのとき初めてバスクという国(彼らは独立心が強く、1つの国だと主張してた)の存在を知ったんだよね。
vivamexicoも書いてある通り、テロ活動があるみたいね~。でもその人たちは凄くいい人たちだったよ。 その後、スペイン人とも知り合って、早速その話をしたら、バスクは一応、スペインの一部だ、と言ってたけどね~。
2006/08/25 12:57  | URL | mako #-[ 編集]
-  -
mako☆

バスクは確かに独立心が強いとみたいだね。
独自の文化や言語を持っているところにそれが現れていると思うわ。そういえば、テロ組織といえばmakoが旅行したアイルランドも凄いよね。
2006/08/25 13:00  | URL | vivamexico #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://vivamexico.blog15.fc2.com/tb.php/172-3567bbba

[2001] トゥール・ド・ヴェルドー ルージ
【ヴィナリス世界コンクール 優秀賞】・・フランス:輸入ヒグマ放つ計画で論争 南西部ピレネー山中・シャトー・グラン・ヴィラージュ[2003](白)・シャトー・グラン・ヴィラージュ[2003](白)・アルガンオイル・ モッツァレラ(1個/140~150g)・katrina・[Foods] ボジョレヌ …
2007/08/17 13:29  南西部をあげる
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。