スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
メキシコ観光への誘い⑥
2006/09/09(Sat)
【 6日目 San Miguel de Allende サンミゲル・デ・アジェンデ 】



翌日は朝食を食べてすぐにサンミゲル・デ・アジェンデに向かいました。
20060907190318.jpg
↑サンミゲル教区教会(La Parroquia de San Miguel)は町の中心地にあります。ゴシック調なところが特徴的で、遠くから見ても映えます。
20060907190854.jpg
↑独立記念日が近いので、通りには国旗が沢山売られていました。
20060907191747.jpg
↑街並みは古く素朴で、グアナファトとは趣が違います。赤みを帯びた建物が多いですね。この町にはアジェンデ美術学校があり、そこから出たアーティストが多い為、芸術の町として知られています。
20060907192248.jpg
↑防弾チョッキに銃を携帯した警官。メキシコに着たばかりの頃はビックリしたものの、こちらにはこういう警官が沢山いるので、今では見慣れてしまいました。
20060907192652.jpg
↑町の中心はそんなに広くないので、歩きやすいです。民芸品のお店が沢山あるので、何店か見て周りました。
20060907193246.jpg
↑ひとしきり民芸品店を見たので、市場に行ってみました。
20060907193605.jpg
↑乾物を売るお店でJちゃんは揚げるとスナック菓子になるものを買いました。ポテトチップ用とか、色々あって見るだけでも興味深く楽しいです。
20060907194054.jpg
↑チレ(唐辛子)を売るおばあさん。
20060907194333.jpg
↑この雑然とした感じが、生活感が出ていていいですね。面白くて沢山写真を撮りました。
20060907194650.jpg
↑トルティージャとお惣菜を売っていました。
20060907194842.jpg
↑オアハカ・チーズ。長いひも状のチーズがグルグルと鞠のように巻かれてます。サイズも大小様々。味見させてもらいましたが、弾力のあるチーズでサッパリしています。
20060907195521.jpg
↑写真左・ザクロの実が一粒ずつ外してカップで売られています。右・他のフルーツもすぐに食べられるようにカットされていました。
20060907195840.jpg
↑ビーズ細工、とても安かったです。デザインはメキシコらしく明るい色調の物が多いです。
20060907200050.jpg
↑焼きトウモロコシを売る女性。
20060907200302.jpg
↑タラベラも売られていました。物によってはプエブラよりも安いです。思わず壁掛けの鉢を購入してしまいました。

20060907200757.jpg
↑ランチはエル・カンパナリオ(El Campanario)というレストランで。雰囲気もサービスもとても良かったんですが、頼んだパスタがあまりにも美味しくないので、殆ど残したらお店のスタッフがすかさず寄ってきて「何か問題ありましたか?」と聞いてきました。流石に正直に言えずに「お腹がいっぱいなので」と答えたところ最後にお会計の時に「パスタの料金はお客さまに申し訳ないのでいりません」と言われました。請求されたのは飲み物とスープのみ。こんなサービスを受けたのは初めてなのでビックリしました。悪いのでチップを多めに払って出ました。
20060907201958.jpg
↑お昼を食べたあと、ホテルのチェック・インを済ませました。Pablo Suitesというこのホテルはコンセプトがパブロという名前のついたアーティストの絵や写真が飾られている、全部で5室くらいしかない、小ぢんまりした素朴なホテルです。古いけど雰囲気はグアナファトで泊まったホテルよりも良かったです。お値段もかなり安いです。
20060907202604.jpg
↑実はこのホテルの立地条件が凄く良くて、目の前にアジェンデ美術学校(Instituto Allende)があり、その中に素敵なカフェがあったのです。私達2人はこのカフェが大好きになりました♪
20060907203308.jpg
↑その学校のエントランスをくぐると、素敵な中庭があり、その奥にカフェがあります。
20060907203617.jpg
↑この雰囲気があまりにも気持ちが良いので、何時間もここにいました。Jちゃんはチャイを飲みながらヨーロッパへのハガキを書き、私はカフェに置いてあるアメリカの雑誌を斜め読みしてくつろぎました。ソファーも置いてあって本当に居心地のいいところなのです。
20060907204034.jpg
↑まるで時が止まったかのような空間です。
20060907204332.jpg
↑学校も見学しました。閉館時間近かったんですが、建物の鍵を閉めに来た学校職員のラファという人が中を少しだけ案内してくれました。
20060907204744.jpg
↑構内には写真、彫刻、絵画など沢山のお部屋があり、体験入学も出来るみたいです。私も1ヶ月くらいここに滞在して体験入学してみたいなぁ。。。
20060907205213.jpg
↑ラファさん曰く、このアジェンデ校を出た日本人アーティストがいるそうです。名前は「Yoshiさん」だそうで、お庭に沢山Yoshiさんの作品が展示されていました。もう閉館時間になったのでラファさんとお別れして一旦目の前のホテルに戻りました。
20060907205633.jpg
↑夜もまたこの学校に足を運び、構内にあるもう一つのバーでJちゃんはお茶、私はマルガリータを飲んで二人楽しくお喋りして過ごしました。ここも雰囲気が最高!
とにかく、泊まったホテルの前にこの学校があったのはラッキーでした。私達は翌日の朝もまた、このカフェに朝ご飯を食べに行ったくらい気に入りました。つまり通算3回行った事になります。

シティにも素敵なレストランやカフェはありますが、こんなに空間を贅沢に使った、静かな場所はあまりないです。都会だから仕方ないのですが。。。それにシティだとしょっちゅうウェイターがテーブルに皿を片付けに来たり(食べている途中でも)、落ち着かなかったりするんですが、学校の中にあるせいなんでしょうね、ゆっくりと時間が流れています。

またサンミゲルに来る際は是非とも立ち寄りたいお気に入りの場所になりました。



☆おまけ☆
翌朝、カフェで食べたスープとオムレツ。やさしい味で美味しかった♪
20060908191003.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | メキシコ 旅行(メキシコ国内) | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<メキシコ観光への誘い⑦ | メイン | メキシコ観光への誘い⑤>>
コメント
-  -
わぁ~サンミゲルデアジェンデですね~♪
大好きな町ですよ~~^^。
私もアジェンデ学校の中のカフェをいくたびに行っていました。なつかしいわぁ~♪
私たちのサンミゲルの定宿もアジェンデ学校のはす向かいでしたが、vivamexicoさんのとは違うホテルみたいです。
また行きたくなっちゃいました☆
2006/09/09 18:19  | URL | bebe #-[ 編集]
-  -
bebeさん☆

サンミゲル初めて行きましたが、素敵な所ですね。気に入りました♪アジェンデ学校のカフェテリアはゆったりしていて、くつろげますよね。このカフェに行けただけで私はもうお腹一杯状態です。まさに私と友達のツボをついていました。
私達の泊まったホテルの隣がきっとbebeさんのいつも泊まっていたホテルだと思います。すぐお隣にありましたから。^^次回泊まりで行く事があれば、そちらにも泊まってみたいです。
私はセントロよりもこの周辺のほうがむしろ好きかも。
2006/09/09 23:18  | URL | vivamexico #-[ 編集]
- 早く行きたい~ -
私もここのCafeで友達にハガキ書きたいな。エアメイルって貰うのも書くのも大好きなの。

今回の写真、現地の人がいっぱい写ってて面白い!チレを売るおばさんなんて日本にも居そうな感じ。
タラベラ焼きも気が付くとたくさん買ってそうでこわいわ。スーツケース重くなりそう。
すごく親切なレストランだね。そんなに食べれない程まずかったの?給仕の人も一口食べて確かめたり出来ないのかな。味付け間違えた!なんてこともあるかもよ。よくワインのソムリエなんかは指摘されたらを客の目の前で飲んで確かめるものね。

今からCafeで何を注文しようか悩む私、気が早過ぎ!
2006/09/10 13:09  | URL | Tommy #-[ 編集]
-  -
Tommy☆

エアメイルいいわね。Jちゃんはシティの市内観光で一番最初に行った郵便局で大量にヨーロッパへ送るために切手を買ってたよ。今は昔ほど手紙を書かなくなったけど、やっぱり手書きって良いよね。カフェで書いてくださいな。

やっぱりシティじゃなく田舎だから、写真も撮りやすいというか。
田舎の方が生活感が漂っていて、面白いよね。
タラベラは柄が凝っていたりするとそれなりにお値段も張るけど、お手頃なものも沢山あるから、メキシコの記念に買っていくのも良いよね。私も焼き物が大好きで素敵な物を見ると買っちゃうのよ。スーツケースが一杯になりそうだね♪

レストランで頼んだパスタね、スパゲティ・アルフレッドだったかな名前は?もっとちゃんと聞いてから頼めば良かったんだろうけど、予想に反してテーブルに運ばれてきたパスタはバターやクリームで和えただけ、みたいなギットリしたパスタだったの(ToT)
不味いと言うよりも、あまりにも脂っこくて食べられなかったの。。。レストランの人もあまりにも残っているから気になったんでしょうね。申し訳ないことをしたわ。
サービスはこちらが怖くなるくらい丁重だったよ。

美術学校のカフェ、Tommyも気に入るといいわね。
カフェだから、しっかり食べに行くと言う感じではないけど雰囲気が素敵だったわ♪
それから、同じ敷地のそのカフェの裏にもう一つバー兼レストランがあって夜に行ったんだけど、そこもオススメ。
2006/09/10 13:24  | URL | vivamexico #-[ 編集]
- それは(T_T) -
うわぁっ、それはコテコテだね!バターと生クリーム・・・苦手分野だわ。
完食できる人いるのかな?
台湾の陳さんにもエアメイルを出してあげたいんだ。あと自分にも出しちゃうかも!GorgeousなCityの郵便局を観るのも楽しみです(^O^)
2006/09/10 23:33  | URL | Tommy #-[ 編集]
-  -
Tommy☆

完食できるのはきっと。。。メキシコ人だね!!
日本人の舌には合わない味だと思ったよあの味は。。。
他のスープとかドリンクは普通に美味しかったのに、あれだけが不味いのか、未だに不明。

自分にエアメイル、そうね届くか分かるし面白いかもね。
台湾の陳さんに出したら喜んでくれそうだね。
2006/09/11 04:02  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
スパゲティ・アルフレドの分の料金は頂かないって、メヒコでそんな素晴らしいサービス受けたこと無いですよ!ビックリしました。
うちの近くの良く行く、まぁまぁのレストランで以前、シーザーズサラダ(その場で作るやつ)頼んだら、死んだハエが入ってたので、「ハエが入ってるよ。」と教えたら、「・・・ああ。作り直します?」「いや、もういいです。」ってやり取りになったけど、シッカリ請求されてて、ガッカリしたものです。今思うと言ってやれば良かったなぁー。
2006/09/15 10:12  | URL | Coko #x5xziaQQ[ 編集]
-  -
Cokoさん☆

でもこういうレストランは少ないと思います。
今思い出すとそういえば、レストラン内にオーナーがいました。(そのせいかも?)何故分かったかと言うと、そのオーナーらしき人が店に入ってきたとたん、ウェイター陣が一斉に元気よく丁寧に挨拶してたからです。
あ、でもシティでも前にコンデサ地区のカフェで頼んだスープが考えてた物と違うな~とボソっと言ったら、違うスープを作って持ってきてくれましたっけ。こういうサービスって、店のスタッフによりますね。反対にガッカリさせられた事もありますよ。
ホテルの素敵なレストランで食事していたら、ワインをサーブしてくれた人がワイングラスを倒してしまい、それがもろに私に直撃。赤ワインだったのでどうしよう、と思ってたら「すみません」と誤っただけ。あれには失望させられました。一流ホテルなのに!
2006/09/15 10:26  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
はじめまして。
今年2月に主人と2人でメキシコ中央高原を旅行したのですが、サンミゲルのホテルを探している時に、こちらのブログにたどり着き、色々と参考にさせて頂きました。有難うございました!
こちらで紹介されていた「Pablo Suites」に是非宿泊したかったのですが、残念ながら満室で泊まれませんでした。
美術学校のカフェも、食事をしたばかりで結局通り過ぎただけでしたが、素敵な雰囲気でした。ライトアップされた夜も、日の差し込む朝も、時間によって異なった雰囲気が楽しめそうですね。

2007/08/30 16:21  | URL | takapyona #Gicggrds[ 編集]
-  -
takapyonaさん☆

はじめまして。旅行の参考になったなんて、書いたかいがあったもんです。読んで下さってありがとうございます。
Pablo Suitesはきっと好みが別れるところでしょうね。私は素朴な所が気に入りましたが、決して5つ星のホテルではなく、それどころか2つ星くらいしかつかないかも。
また行かれる機会があったら、カフェも行ってみてくださいね。癒されますよ~
2007/08/31 10:23  | URL | vivamexico #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://vivamexico.blog15.fc2.com/tb.php/180-d875ffd6

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。