スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クリスマスですね
2006/12/18(Mon)
クリスマス・シーズンですね。
このシーズンにレストランに行くと、メキシコ人がファミリーやお友達、同僚などとお食事に来ていて、プレゼントを渡しあったりしています。先日ポランコのマサリク通りにあるフレンチ・レストランに行ってみました。以前何度か行った事がありましたが、テラス席で食べたのは初めてでした。暖かい日だったので、外気に触れて食事するのが気持ちよかったです。

alsace1.jpg
周囲を見ると素敵に着飾った人が沢山いました。


alsace2.jpg
お皿の絵が一枚一枚違い可愛いです。お料理も勿論美味しかったです。

L'Alsace París
Presidente Masaryk 433,esq.Goldsmith,Polanco
TEL 5280 3600
Abierto las 24 horas de lunes a domingo


この時期になると、メキシコでは日本人の私にとって面倒な習慣があります。aguinaldo(アギナルド)というもので、例えば日頃お世話になっているお手伝いさんとか、自分の住んでいるアパートのレセプションや門番の人とかに心づけ程度のお金や、プレゼントをあげるのです。金額に決まりはなく、自分の気持ちで決めて良いそうですが目安として、お手伝いさんなら1か月分のお給料を(普段の給料とは別に)あげるとか、門番の人には1人200ペソ程度渡すか、ボトルワインを1本あげると聞きました。私のアパートの場合、沢山門番とレセプションの人がいて、全部で何人いるのか分からないし、一人一人にチップをあげていると大変なのでお金ではなくチョコレートの詰め合わせを(皆で食べてもらえるように)2箱買いました。


他にもこの時期になるとポストの中に郵便屋さんから小さな白い封筒が入っています。これもaguinaldoを下さいよ、ということなのでしょう。あげなかったからと言って、郵便が届かなくなる。。。という恐ろしい事はないそうですが、(しかも普段会わない人だし)、これも気持ちの問題ですね。


また、よく買う花屋さんなどの馴染みの店の店員さん、スーパーで買った物をフクロ詰めをしてくれる子供達などなど。。。にも小銭程度あげるようです。あ~キリがないですね。


それにしてもただでさえ、年末は普段より物入りな時期なのに、aguinaldoで我が家のほうが貧乏になってしまいそうです。(泣)



スポンサーサイト
この記事のURL | メキシコ レストラン | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<一年はあっという間 | メイン | 今日は家でのんびりと>>
コメント
- クリスマスはプレゼントをあげる日だそうです  -
体調は回復されましたか?

昔、メキシコ人のお医者様たちが日本に研修でいらした時、○ムロンの自動血圧計を買っていかれました。
ホームステイでお世話になったドクターで、説明書をスペイン語に訳してお送りしました。
メキシコで、日本の医療機器が活躍しているんですね。

敬虔なクリスチアンがいる海外では、クリスマスは、人にプレゼントをあげる日だと言う意識が強いですよね。
日本じゃ、自分がもらうことばかり考えちゃうね。

先日、教会の子供クリスマス会があり、牧師さんはそのお話をしていました。
プレゼントを色々考えるの大変ですね。

どうぞ、楽しいクリスマス、新年をお迎えくださいね。

2006/12/19 09:46  | URL | さくらんぼう #-[ 編集]
-  -
さくらんぼうさん☆

体調の方は完全に良くなりました。ありがとうございます。
クリスマスのこの時期、友達や家族同士のプレゼント交換以外にもaguinaldoなどの習慣があるので、慣れていない私にとっては結構大変です^^;そしてお金であげる場合、その金額にも悩みます。まぁ人間関係をスムーズに運ぶ為にも必要なのでしょうね。カトリック色の濃い国なので、三賢人の日にも子供達にプレゼントをあげますよね。実はクリスマスの日に子供達にプレゼントをあげるより、メキシコではこの日にあげるのが本当の慣わしだそうですが、近年、クリスマスと三賢人の日、両方あげているようです。
2006/12/19 10:12  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
それは面倒な習慣だねhttp://blog15.fc2.com/image/icon/i/F9AB.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
でも日本にもお中元やらお歳暮やら面倒なことあるよね。義務感があるからあんまり良い習慣に思えないんだけど、そのお陰でサラダ油とか鰹節パック、洗剤の類は半年分くらいストックあるし、高級食材・菓子にもありつけるわけだが…

結婚したら私も旦那さんの上司や親戚に大量に贈らなきゃいけないのかしら?凄い出費になりそうhttp://blog15.fc2.com/image/icon/i/F9FC.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">

昔、聖歌隊で歌った『サンフランチェスコの平和の祈り』って曲の歌詞に、「与えられるよりも与えることを」って部分があって、それがChristianの根本なんだなぁって思ったよ。

そして歳末助け合い運動“恵まれない人に愛の手を”みたいな社会的要素も加わり慣習になってしまうのね~。なにはともあれ、コミュニケーションツールだと思って楽しむしかないようね。
2006/12/20 04:13  | URL | Tommy #-[ 編集]
-  -
Tommy☆

義務感からやろうとすると、本当に面倒な習慣にしか過ぎないよね。確かに「与えられるよりは与えよ」というクリスチャンの精神から来るのかもしれないけれど、金額がかさむと結構痛いわね^^;それでも与えられる側として生きているのだから、恵まれていると思わなくちゃいけないわね。

お歳暮やお中元はやりたい人にやればいいんじゃないかしら。私達はまだ若いし、そんなに必要性を感じないわ。結婚式を挙げたときの仲人さんには数年間送り続けていたけれど、あとは自分の親くらいかしら。

聖歌隊、懐かしいわね♪
皆、どうしているかしらね~
2006/12/20 04:43  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
私も↑のレストランいきましたぁ。24時間なんですよね!日本だと24時間レストラン=ファミレスですけど^^。

NYCに住んでいた頃もメキシコでもこの季節は出費が・・・アパートのドアマンやコンシェルジュなど何人いるんだろ~恐怖でしたもん(笑)去年はムチャチャに1か月分の多くお給料とその娘さんに私の衣服をさしあげたら、意外にも洋服にすごく感謝されました。

ですよね、カトリックの人は「与える喜び」は大きいのかも。私の彼はクリスマス前になるとクリスマスショッピングに出かけてお買い物をするのですが、決して高価なものではないのですが、あげる相手の事を思って真剣に選んでいます。今年もクリスマスショッピングを無事に済ませ我が家はプレゼントだらけになっています^^。
2006/12/20 11:14  | URL | bebe #-[ 編集]
-  -
bebeさん☆

そうそう、このレストランメキシコシティにしては珍しく24時間営業で、結構重宝しています。例えば主人のお客さんで夜遅くに到着して、それでもディナーに連れて行かなくちゃならない時など、こういうお店が一件でもあると助かります。フレンチですけどね。。。真夜中にフレンチ。。。体に良くなさそうですが^^;

私もムチャチャに今日、aguinaldoと一緒に処分しようかと思っていた衣服を指して「これ良かったら持って帰る?」と聞いたら嬉しそうでした。以外に喜ばれて、こちらも嬉しいです^^

プレゼント選びは人数が沢山いればいるほど大変ですよね。相手の事を考えて丁寧に選んでいる旦那さん、きっと大勢の方にあげるんでしょうね。お疲れ様でした。
2006/12/20 13:20  | URL | vivamexico #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://vivamexico.blog15.fc2.com/tb.php/222-7fd40a12

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。