スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スペイン旅行⑥-マドリッド-最終回
2007/01/21(Sun)
Madrid

スペインの首都マドリッド。
コルドバからAVEでマドリッドのアトーチャ駅に着いてから、地下鉄に乗りました。
spain80.jpg
マドリッドの地下鉄は安くて便利。マドリッドの観光はこの地下鉄で十分まわれると思います。

ホテルに荷物を置いて、お昼を食べに行きました。
spain81.jpg
主人はカツ丼、私はトンカツ定食(トンカツ好きな夫婦なのです)を食べてホッとひと息。小さいレストランでしたけど、味も美味しかったです。

SAMURAI←ホームページあり
Cuesta de Sto.Domingo,24・28013
Madrid(Plaza Santo Domingo)
91 559 3065

さすがに毎日スペイン料理を食べていたので、たまには和食をと、和食のレストランを探して入ってみました。そこの店長さん(スペイン人)が、流暢な日本語で話しかけてきました。昔、日本に何年か住んでいたそうで、メキシコにも行ったことがあるとか。色々と話しているうちに、フラメンコの話になり(そうですまだ私達はフラメンコを見ていませんでした)、その人がお店の予約を入れてくれました。

フラメンコは好きですか、とその店長さんに聞くと 『全然。だって、日本人が全員演歌が好きってわけじゃないのと一緒で、スペイン人だからってフラメンコが好きなわけじゃないよ。』 まぁ確かにそうですね。メキシコから来た、と言うと『彼らはダンスが上手いよね~。きっとスペイン人よりずっと上手いよ』なんて言っていました。

でも両国のスペイン語の違いとかを話しているとやっぱり、彼はスペイン人だから、『僕らのスペイン語のほうがオリジナルなんだから、こっちのスペイン語の方がカッコいいと思うよ。』な~んて、やっぱり自分の国を褒めるわけです。


お店を出た後、また地下鉄に乗ってプラド美術館(Museo Nacional del Prado)に向かいました。

spain82.jpg
マドリッドに着いたのが遅かったので、日が暮れてきました。

spain83.jpg
美術館があるプラド通り(Paseo del Prado)。この通りはプラド美術館のほかにも国立ソフィア王妃芸術センター、ティッセン・ボルネミッサ美術館など合わせて3つあるので、「芸術の散歩道」(Paseo del Arte)とも呼ばれています。

プラド美術館はスペインの有名なアーティストの作品を多数所蔵していて、知っている画家ではエル・グレコ(El Greco)、フランシスコ・デ・ゴヤ(Francisco de Goya・この作家で有名なのはなんと言っても『裸のマハ』ではないでしょうか)、ディエゴ・ベラスケス(Diego Velázquez)があります。宗教画もいっぱいありました。他にもスペインは沢山の素晴らしい芸術家を生み出した国です。パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)、ジョアン・ミロ(Joan Miró スペイン語ではホアン)、サルバドール・ダリ(salvador Dalí)などなど。


美術館を一通り見終わる頃にはすっかり暗くなっていました。
spain84.jpg



さて、ホテルに戻り少し休んだ後、夕食を食べに外に出ました。
フラメンコの予約をしていたので、近くにあるレストランに入りました。

写真左・私の大好きなホタルイカのフリット、写真右・主人のお気に入りのマッシュールームの鉄板焼き。
spain85.jpg
写真左・ソパ・デ・アホ(ガーリックの効いたアツアツのスープで、生卵を落として半熟状にしてある)、写真右・イカ墨のパエリア。

私はこの旅行でホタルイカのフリットを何回頼んだ事か。。。主人もマッシュルームの鉄板焼きを何度もリピートしてました。それから、パエリア。これも美味しいですね。シーフードのパエリアは勿論美味しいですが、今回初めて食べたイカ墨のパエリアはまた食べたいくらい気に入りました。

spain86.jpg

そして、スペインといえばワイン。世界第三位の生産量を誇り、そして世界一の生ハム製造国。
ワインはスペイン滞在中、沢山飲んで堪能できました。私達は赤が好みなので、毎回赤を頼んでいましたが、リオハ(Rioja)やナバーラ(Navarra)が美味しかったです。
spain79.jpg



さて、夕飯のあとはフラメンコを見に行きました。
spain87.jpg
感想は正直に言うと、アルゼンチンで見たタンゴの方が私的には躍動感があって、好きです。その上、夫婦揃って途中でちょっとだけ眠ってしまいました。(恥)ワインを1本空けて、その後またタブラオ(Tablao・フラメンコを見せてくれるお店)でサングリアを沢山飲んだのですっかり酔っていたのと、フラメンコの動きが眠りを誘ったようで。。。

と言うわけで、私達夫婦にとってフラメンコは1度見れば良い、という結論に至りました。(好きな方がいたらごめんなさい)もし、アルゼンチンでタンゴを見る前にフラメンコを見ていたら、もっと感動していたのかもしれないのですが、これって好みが分かれるところですね。。。

spain88.jpg
その後、ホテルに戻り少し酔いを醒ましたあと、プエルタ・デル・ソル(Puera del Sol)に向かいました。


この日は12月31日の大晦日だったので、この広場で新年のカウント・ダウンをするのを見に行きました。
spain89.jpg
それにしても、仮装をした人や、紙コップに入ったビールやワインを持ち歩いている人で広場に行く途中から大混雑。やっとの思いで広場の中心に行くと、沢山の人でひしめき合っていました。


そして待つ事20分、ようやくカウント・ダウンが始まり。。。
spain90.jpg


派手に花火が上がり、皆が抱き合ったりキスをしたりして新年の挨拶をしていてかなり盛り上がっていました。カウント・ダウンは始めての経験でしたが、なかなか感動的でした。
spain91.jpg

その後、夜が明けてから空港に向かいメキシコに帰りました。



私の感想としては、スペイン旅行で気に入ったのは、アンダルシア地方(特にコルドバのメスキータとグラナダのアルハンブラ、そしてミハス)です。ある意味、メキシコにいるとコロニアルな建物を沢山見ているので、ヨーロッパの建物を見てもそんなに感動する事はなかったんですが、やっぱりイスラムの影響の色濃いアンダルシア地方は個性的で、神秘的な感じがしました。

そして食べ物とワイン。これは期待以上に美味しかったので、気に入りました。特にお手頃な値段で美味しいワインが楽しめるのでとても良かったです。それと私のスペイン語はまだまだのレベルですが、それでも通じ、旅に大いに役立ったのも嬉しかったです。

あと、スペイン旅行で痛感したのはユーロの高さ。1ユーロ=160円台だったので、ちょっと食事をしてお酒を飲んじゃうとすぐに1万円、と言う事も少なくなかったし、とにかく全てが高く感じて殆ど何も買いませんでした。買ったのは美味しいと思ったワインと旅の記念に民芸品を少し。ヨーロッパの物価は高いなぁ、と改めて思いました。

とは言え、メキシコに多くの影響を与えたスペインを見ることが出来て本当に良かったですし、とても興味深かったです。
今後スペイン語をもっとブラッシュ・アップして、他のスペイン語圏にも足を延ばしてみたいものです。
スポンサーサイト
この記事のURL | España | CM(16) | TB(0) | ▲ top
<<西検 | メイン | スペイン旅行⑤-アンダルシア地方~グラナダ~>>
コメント
- 行って見たいプラド美術館 -
マドリッドも外せませんね。

スペイン語をやっていると言うと、いつも、「フラメンコ踊れる?」とか言われていました。
フラメンコは、ジプシーの踊りで、スペイン人が皆踊るというものじゃないですよね。

ヨーロッパは、魅力的ですが、やはり、物価が高そうですね。
スペイン人は、ラテン気質とはちょっと違って、陽気な感じはしませんが、いかがでしたか?

うちで、イカ墨料理、美味しいので作ります。
でも、口が真っ黒になるので、特に子供はすごいことに・・・

2007/01/21 18:41  | URL | さくらんぼう #-[ 編集]
-  -
新婚旅行はヨーロッパならSpainかITALYに行きたいって常々思っていたけどSpainに決めた!・・・って予定もないけどA^_^;

生ハム、売ってるかなぁと思いつつ、成城石井を覗いてみたら、ルビアというSpainの有名らしいメーカーのハモン・イベリコ・ベジョータ(Spain語でドングリの意味なんだね。ルビア社のトレードマークになっていたよ)は60グラム1890円もした!たったの4切れ程度だよ!もちろん買えずに帰ったわ(:_;)
今度パエリヤ作る時はイカスミで作ってみようかな。
Mushroomの鉄板焼き、味付けは塩胡椒?シンプルだけどキノコ類って美味しいよね。


美術芸術にも興味あるし、Spainは一度は訪れたい場所。Spain語、もっと理解しなきゃね。サルサを聴く目的がまた一つ増えて張りが出てきたわ。

Flamencoに限らず、Showの楽しさは演目や演出にもよるかもね。TangoもFlamencoも本場で観てみたいな。

楽しい旅行でよかったね♪羨ましいです☆
次は何処へ行くのか私まで楽しみよ。
2007/01/21 23:53  | URL | #-[ 編集]
- あれっ? -
先程のコメントの名前がvivamexicoさんになってますがTommyです。
コメントの頁を携帯に画像メモしておいて、自分の名前を入力し忘れてたようです。ゴメンナサイm(__)m
2007/01/21 23:59  | URL | Tommy #-[ 編集]
-  -
さくらんぼうさん☆

マドリッドは大都会ですね~。今まで色々な所を旅して思ったのですが、都会はどこも似ている気がします。マドリッドのグランビア通りは渋谷の町を連想させました。

アート好きな人にとっては、スペインはいいと思います。マドリッドの3大美術館には沢山の著名な作家のコレクションがあるし、バルセロナもガウディの建築物などがあって見所はいっぱいあります。

フラメンコはそうですジプシーの踊りですね。それ故、なんだかもの悲しい感じがしますよね。

スペイン語やっているとフラメンコ踊れるの?と聞かれていた、というさくらんぼうさんの話、なんだかうなずけます。日本でスペイン語を勉強しようとすると決まって、「スペインのスペイン語」なんですよね。そして、スペイン語の辞書や本を買うとフラメンコの絵が書かれていたりして!どうやらスペイン語=スペイン=フラメンコという固定観念が出来上がってしまっているようです。

でもスペイン語の世界はもっと広いですよね。今ではスペインのスペイン語がマイノリティーですよね。中南米で話されている人口の方がはるかに多く、そして多様に変化しています。私がはじめて触れたスペイン語がメキシコのスペイン語だったからなのだと思いますが、今ではメキシコのスペイン語のほうが分かりやすくて好きです。

ヨーロッパはやはり物価が高いのが、不便ですね。
旅行するぶんにはまだ大丈夫ですが、これが駐在となったら大変だろうなぁ。。。と考えてしまいます。メキシコで生活しているから余計にそう思ってしまうのかもしれませんね。

スペイン人気質、いまひとつ旅行者の立場だったので、少ししかわからなかったのですが、陰気な感じはしませんでしたよ。特に印象的だったのが、バルのカマレロ(ウェイター)です。凄く威勢良く、「○○○(料理名)ポルファボール!!」と厨房に頼むんですよ。それがすっごく元気で^^; あと、年末のカウント・ダウンの時なんて、皆仮装していて、それは賑やかでしたよ。まぁ、メキシコ人のほうが陽気かもしれませんけど。。。
ヨーロッパって差別されるのかなぁ、と思っていたのですが、電車に乗ってもバスに乗っても親切にしてくれる人がいて、とても良い印象を持ちましたよ。

イカ墨料理って、イタリアのイカ墨のパスタといい、美味しいですよね。食後に口が凄い事になってしまいますけど。。。
イカ墨のパエリアだけはもう一度食べたかったなぁ~と今でも思います。
2007/01/22 11:45  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
Tommy☆

私が本物のvivamexicoです(笑)。
Tommy、新婚旅行のオススメは私の独断と偏見では、断然イタリアのほうをお勧めします。(笑)。以前新婚旅行で、イタリアに行き、その時のことが印象的で、もう一度行きたいくらいです。もちろんスペインもオススメよ。でも、比較の問題でですが、イタリアのほうが気に入っているの。第一に、ベネチア。これは絶対に訪れるべき。第二に食べ物。これはスペインと同等かそれ以上に美味しいから!第三、ウフィツィ美術館などの主要美術館は絶対行くべし。第四、フィレンツェも良かった!イタリアほど、全てが素晴らしい国はないでしょう(笑)。

でも、スペインもまた一味違って素晴らしいのよ。
これはTommyに両方行ってもらうしかないね(笑)

ハモン・デ・ベジョータ、そう、ベジョータはドングリと言う意味だね。しかしハモン・イベリコは高いよね~。メーカーによっても値段が違うみたいだし、等級もあるのかな、スペインからメキシコに戻る時、空港の免税店で見てみたんだけれど、100gで5000円近くして、高くて買えなかった^^;もちろん、もうちょっとリーズナブルなものもあったよ。でもバルで食べたハモンの味が忘れられないくらい美味しかったよ。

イカ墨でパエリア、是非やってみて~。ってどうやって作るのかしらん?普通のパエリアの材料にイカ墨投入するだけ?(そんな単純なことじゃないよね^^;)

マッシュルームの鉄板焼きは、ガーリックが効いていたよ。オリーヴオイルで焼いているみたいなんだけど、マッシュルームの裏側のいしづきの部分をくり抜いてあって、そこに生ハムとみじんきりのガーリック、パセリなどが乗っていたと思う。一見、シンプルなんだけど、すごく美味しかったからやってみて。

Tommyがスペイン語マスターしてくれたら、今度スペイン語圏に二人で旅行できるかも?&サルサバーに繰り出すとか?(笑)とにかく、いろんな意味で幅が広がって楽しそうだね。頑張ってね!

フラメンコは好みにもよるけれど、もちろん本場で見たほうが感動すると思う。私の好み的にはタンゴだけどね。
でも、フィエスタでメキシコ人の踊っている様を見ているのも結構楽しいのよね~。

Tommyは今年の夏休みはどこに行くのかな?


2007/01/22 12:05  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
私も今年はスペインに旅行に行きたいな~と考えています!!
vivamexicoさんの写真を見てたら楽しみになっちゃいました!!
コロニアル風な建物もたくさん見たいわ~と思っていたんですが
うちの旦那はメキシコ人なので感動が薄いかも!!
聞いておいてよかったです~~~(笑)

いろいろなところに行かれたようですが何日間ぐらいかけてまわったんですか??移動手段は飛行機ですか?電車ですか??
すいません質問ばかりで^^参考にさせていただきたいので☆
2007/01/23 00:43  | URL | miranda #-[ 編集]
-  -
Mirandaさん☆

今年もよろしくお願いします^^
Mirandaさんもスペイン旅行を考えていたんですね。
旦那さんメキシコ人ですよね、でもメキシコ人が見てもスペインは良いと思うんじゃないでしょうか。特にアンダルシア地方はイスラムの影響を受けているので、とても新鮮でしたよ。

そういえば、主人の家庭教師(スペイン語の)が昔、若い頃にスペインに行った事があるそうですが、話し振りで「どこから来たの?」と聞かれたそうです。やっぱりわかっちゃうものなんですね、アクセントとかで。

スペインは11日間かけて周りましたよ。
メキシコ→マドリッド→バルセロナ間は飛行機でしたが、それ以外、つまりマドリッド→コルドバ→セビーリャ→ミハス→グラナダ→マドリッドは全て列車(AVEやTALGO200など)や長距離バスなどを利用して移動しました。

列車やバスのチケットは現地の駅のカウンターで購入しましたよ。冬はハイシーズンじゃないと思うので、現地に行ってから買っても大丈夫そうな感じがしました。でも、夏のハイ・シーズンに行くなら事前に旅行代理店に手配しておいてもらったほうがいいかもしれませんね。

確か、日本からだと直行便がないんですよね。何処かヨーロッパの国にまず到着して、そこから乗り継がないと行けないと思いましたよ。でも日本のパック旅行を利用すればきっと、メキシコから行くよりもリーズナブルなお値段で行けると思います。スペインは見るところが沢山あるので、最低でも1週間は必要なのかな、と思いました。アンダルシア地方もグラナダ、セビーリャ、コルドバなどは空港があるので勿論飛行機でも行けると思いますが、時間が許すならば、列車に揺られて旅するのも楽しいものですよ^^
移動時間も2~3時間なので、私にはそんなに苦には感じませんでした。

またわからない事があったら聞いてくださいね^^
2007/01/23 04:17  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
わぁ~マドリッド素敵ぃ~ですね!
バルセロナしか知らないのでマドリッドは憧れです~~☆バルセロナの友人はバルセロナの方がマドリッドより素晴らしい!と言うし、マドリッドの友人はマドリッドだ!と言っていました(笑)
従妹(彼の)がマドリッドに住んでいるのでいつかは行く事になりそうなので参考にさせていただきまぁ~~~す^^。

スペイン語ですが、私の彼はスペイン語の発音やイントネーションや使われている単語で何処の国の出身かわかるそうですよ。特にメキシコのスペイン語はすぐに「メキシコ人だ」とわかるそうですよ。

私もフラメンコは1回でいいかな派です^^;
2007/01/24 23:31  | URL | bebe #-[ 編集]
-  -
bebeさん☆

旦那さんの従妹がマドリッドにお住まいなら、そのうち訪れる機会がありますよね!マドリッドの繁華街は東京を連想させましたよ。やっぱり都会なんだなぁ。。。と思いました(笑)
マドリッドの見所はやっぱり美術館ではないでしょうか。アート好きな人にはたまらないはず!食べ物も美味しいし、スペインは魅力いっぱいの国ですね。私はもしもう一度訪れる機会があるならば、アルハンブラと、今度はトレドにも行ってみたいです。ついでにポルトガル旅行もくっつけられたら面白いかも^^

やっぱりメキシコのスペイン語って聞く人が聞くと分かるのですね。そう言えば、日本食レストランの店長も言っていました。Ahorita(アオリータ)はスペインじゃ使わないそうです。Este momento と言うのだそうです。聞き返すときに使う、¿Mande? もメキシコだけみたいです。通常は  ¿Como? ですよね。他にも poquito とかも使われないみたい。メキシコは、ito、itaをよくつけますよね。私はメキシコに住んでいることもあり、メキシコのスペイン語のほうが分かりやすくて好きですが。。。
2007/01/25 00:37  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
bebeさん☆

書き忘れていました、そうフラメンコ私も1回でいい派です^^;
でもフラメンコは日本では人気ありますよね~。
習っている人、もしくは習いたい人が周囲にも何人かいましたし。私はタンゴのような動きの早いダンスに惹かれます。

でも今最も見ていて楽しく思うのは、メキシコ人が踊っているのを見ることですね。本当にメキシコ人はダンスが上手い。
これこそ私にとって最高のエンターテインメントです^^
2007/01/25 00:45  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
そうそう、メキシコの単語通じない事が多いですよね~(笑)
ポポーテ(ストロー)なんてバルセロナで「はへ?」って顔されました(笑)
「マンデ?」は超メキシコ単語なんですって!なんでもスペインが侵略していた時代にメキシコ・インディアンの人々が使用人として使われていた時に彼らが「何か御用ですか旦那様」的ニュアンスだったらしく、勿論現在は普通に「なんですか?」ですけど。なので、彼に「マンデ?」と聞き返すとかなり受けています「君はメヒカーナだね」と(笑)。
他にも「もしもし」は「ブエノ?」ですよね、これも超メキシコで、これもスペイン人の友人には「メキシカンスパニッシュ」と笑われます^^。
他にもアルジェンティーナ風のスペイン語などまねして遊んでいますが、ほんとスペイン語っておくが深いですよね。

そうそう、フラメンコって日本で人気ですよね。友人2人も習っていますもの。私はフラメンコの様な情熱や悲哀の踊りより、楽しいのがいいなって思います(って踊れないけど)。サルサみたいな、楽しい感じのが踊りたいです。
タンゴ(アルゼンチン)は音楽もいいですよね~。彼のおじさんがアルゼンチンで趣味でタンゴをおどってるんですけど、素敵でした!
確かに、メキシコ人は楽しそうにダンスを踊っていますよね。DNAが踊ってるって感じですよね(笑)
2007/01/25 21:56  | URL | bebe #-[ 編集]
-  -
たくさんの情報ありがとうございます!!!
アンダルシア地方よさそうですよね~~~☆ミハスも行きたいし、コスタ・デル・ソルとかもいってみたいです。
でも北のほうにも行ってみたいんですよね~。
バスク地方とか^^

そうです。主人はメキシコ人です!メキシコのスペイン語ですよ~(笑)シティーのスペイン語だそうです。
メキシコの中でもシティーと田舎では全然イントネーションが違うんですって。よく嘘ついて(←メキシコ人ってうそつき笑)シティ出身って言う人がいるらしいんですけど発音でうそだってわかるそうです(笑)

私のスペイン語の先生はスペイン人なので最近ちょっとうつってきてスペインのスペイン語になってしまうのを主人に指摘されます(笑)でもスペインでもマドリッドのスペイン語は比較的聞きやすくてバルセロナのスペイン語は本当にスペインっぽいスペイン語なんですねー。私の先生はマドリッドなので聞きやすいほうだと思います。こんなに小さい日本の中でも北と南では全然イントネーションが違うので国が変われば全く違うんでしょうね~^^

スペイン情報またいろいろ伺うかもしれません!そのときはよろしくお願いします♪
2007/01/26 00:22  | URL | miranda #-[ 編集]
-  -
bebeさん☆

本当にスペイン語と一言に言っても、多様に変化していて面白いですよね。確かに「マンデ?」はMandar(命令する)から転じて「私に命令ください」になるから、おかしな感じですよね。これを使うと、すぐにメキシコから来たとバレるんだそうです^^;

ポポテ、そうですよね。メキシコでは当たり前のように使っているけれど、これもそうなんですね。電話に出る時の「ブエノ?」も他の南米だと「アロ?」のこともあるみたいだし。あっそういえば、スペインではトイレのことを「バーニョ」と言わずに「セルビシオ」と言うんですよね。これも喉から出かかって、「ドンデ・エスタ・エル・バ。。。いやセルビシオ」と言い換えたのを覚えています。
しかしメキシコ特有の言葉って本当に多いですよね。

フラメンコ、なんだか悲しげですよね。
私もbebeさんと同じく、見ていて楽しい踊りが好きです。
サルサなどのラテンの踊りは本当に踊れたら楽しいだろうなぁ~っていつも思います。タンゴはどちらかと言うと哀愁が漂いますが、エネルギッシュな動きとそう、音楽がいいですよね。
“メキシコ人のDNAは踊っているって感じ”、上手いこと言いますね!(笑)
2007/01/26 00:28  | URL | vivamexico #-[ 編集]
-  -
mirandaさん☆

コスタ・デル・ソル、響きがいいですね。北のバスク地方はスペインの美食地帯として知られているそうで、ミシュランの3つ星レストランが沢山あるそうですよ。フランスに近いため、フランス料理の影響も受けているので、一般的に知られるスペイン料理とはまた違ったスペイン料理を楽しめていいかもしれないですね。

旦那さんはチランゴなんですね!メキシコでも田舎と都会じゃ放されている言葉も少し違うんでしょうね。日本でもそうですものね。田舎の人がチランゴのふりをするって、それって憧れもあるのかしら?

mirandaさんのスペイン語の先生はマドリッド出身なんですね。旅行だけだったので、マドリッドとバルセロナのスペイン語の違いまでは気づきませんでしたけれど、スペイン国内だけでも地方によってやっぱり違ってくるんですね、奥が深い。。。
でも旦那さんはメキシコだから、メキシコのそれも、チランゴのエスパニョールを話して欲しいのかも?^^

またわからない事があったら聞いてくださいね。
2007/01/26 01:12  | URL | vivamexico #-[ 編集]
- はじめまして(^▽^*) -
vivamexicoさんこんにちは~!スペインの事を検索してて
飛んで来ちゃいましたぴのきおと申します(^▽^)
スペインの記事がいっぱい載っていたので飛びついてしまいました☆

私はつい2週間前に新婚旅行でスペインに行ってきましたv-221
ツアーで4泊6日、マドリッド-トレド-セゴビア-バレンシア-バルセロナと、ず~~っとバス旅行でしたがすっごく楽しかったですv-10
初めてのヨーロッパだったんですが(スペインは日本と気温が同じくらいという理由で場所を決めてしまったんですが^^;)想像以上に感動してしまいました!!
私もブログに写真載せてみましたが、歴史・宗教などぜーんぜん気にしないで行ってきちゃったので自分視点でかなり書きまくってへんてこ文章になってるかもしれません(笑)

今回はツアーだったので時間も制限されちゃいましたがプラド美術館とか何日か滞在して見たり、アンダルシア地方なども行って見たいですー☆
2007/01/31 16:00  | URL | ぴのきお #7tx7L6DI[ 編集]
-  -
ぴのきおさん☆

初めまして、遊びに来ていただきありがとうございます^^
新婚旅行でスペインに行ったのですね~。
4泊6日の旅で色々なところに行かれてるのでビックリしました。
トレドもセゴビアもバレンシアも今回の旅では行きませんでしたが、とても素敵だったのだろうと想像しています。私も、もしもう一度スペインに行く機会があったら、行ってない場所にも足を延ばしてみたいです。
アンダルシア地方、とても良かったのでオススメですよ^^
私もぴのきおさんの日記、読ませてもらいますね。
2007/02/01 04:28  | URL | vivamexico #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://vivamexico.blog15.fc2.com/tb.php/230-3b46693e

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。