スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
テオティワカン①
2005/11/06(Sun)
週末に色々な所に行ってきたので、忘れないうちにアップします。
第一弾はメキシコシティから50Km北の世界遺産に登録されているテオティワカン。
( Teotihuacán )


テオティワカン遺跡は紀元前2世紀頃に造られたと言わています。
この遺跡は宗教都市国家で、中にはピラミッド・宮殿・神殿などがあり、
とても高度な文明が存在したのだと感じさせてくれます。
私は初め、この遺跡を造ったのはアステカ人かと思っていましたが違いました。
この都市を建設したのはテオティワカン人と呼ばれる人達で、
8世紀頃突如消え去ってしまったみたいです。彼らが何処から来て、
そしてどこへ消えたのか、何故滅亡してしまったのか未だに解明されてません。
ミステリアスですね。

遺跡内に入るとまずケツァルコアトルの神殿( Templo de Quezalcoatl )へ。
この神殿には神々のレリーフがあってとても綺麗です。
神殿の名前にもあるケツァルコアトルとは羽毛の蛇の姿をした水と農耕の神で、
下の写真左の中にも写っています。

20051106213642.jpg
写真左はトラロック(雨の女神)とケツァルコアトル。長い長い死者の道が続く


その後遺跡内を貫くメインストリート「死者の道」( La Calle de los Muertos )を
(2kmもある!)歩くとその途中に太陽のピラミッド( Pirámide del Sol )が見えてきました。

20051106215247.jpg
写真左・太陽のピラミッド。写真右・道端に生えているサボテン。メキシコっぽい。


太陽のピラミッドは高さ65mの大きなピラミッドで、世界で3番目に大きいピラミッド。
65mと簡単に言うとそんなに高くなさそうだけど、実際に登ってみると(登れるんです!)
その高さがしみじみと分かります。段数にすると248段あるこのピラミッド、
半端じゃなく疲れます。普段階段をそんなに登る機会がないので、息が切れる・切れる。

でもやっと頂上に辿り着いた時はその苦しさを忘れ、登って良かったと思いました。
なんと言っても頂上からの眺めが良いし、心地よい風が吹いていて気分爽快!

頂上の真ん中辺りに銀色の石?金属?のような物が埋め込まれていて、
嘘かホントか分かりませんがそこに触って願い事をすると叶う、
と言われているみたいなので一応私もお願い事をしておきました。
しっかし、降りる時は太ももの筋肉がマジで震えてました。(運動不足ですね)

<つづく>
スポンサーサイト
この記事のURL | メキシコ 旅行(メキシコ国内) | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<テオティワカン② | メイン | シウダデラ市場>>
コメント
- はじめまして -
はじめまして、先日メキシコの美術館を特集したTV番組を見て メキシコに興味を持ちました。
フリーダ・カーロの絵も好きなので、いつか旅してみたいなと思っています。
あと、時計があまりに可愛かったので、私も付けてみました。

これからも メキシコの情報 楽しみにしています。
2005/11/20 01:45  | URL | モウル #-[ 編集]
- モウルさんへ -
こんにちは。コメントありがとうございます!
最近バタバタしててブログサボっていましたが、
頑張りますのでまたお暇がある時にまた見てくださいね。
これからも行った所や、食べ物・メキシコ情報書いていくつもりですv-290
2005/11/21 12:35  | URL | vivamexico #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://vivamexico.blog15.fc2.com/tb.php/25-d5d3908f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。